スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

激闘の決勝戦:イタリアvsフランス 

FIFAワールドカップ2006ドイツ大会最終試合。
イタリア対フランス。

1-1(PK5-3)

苦手なPK戦を制しイタリアが24年ぶり4回目の優勝を決めました。

前半7分にいきなりPKを得たフランスがジダンのキックで先制。

その約15分後にイタリアはマテラッツィのヘッドで追いつきました。
ピルロのキックも正確ですが、マテラッツィの高さも驚きでしたね。
あのヴィエラよりも頭ひとつ出ていました。

その後両者とも我慢の試合でした。
イタリアがセットプレーでしかチャンスを作れないほどフランスのDFはよかったですね。

途中ヴィエラを怪我で欠いたものの、フランスはジダン、アンリを中心にリベリもよく走り、チャンスを作っていたと思います。

しかし、イタリアのCBもカンナバロを中心に堅かったですね。

結局PKでイタリアが優勝しましたが、どちらが勝っても文句ない内容だったと思います。

両者とも体を張り、最後は気力を振り絞って走っていました。

W杯の決勝戦らしい見所のあるいい試合になったのではないでしょうか。

イタリアvsフランス詳しい分析などはこちらから(ランキング)

にしても、ジダンの現役最後の試合が退場とは。
あの頭突きでは退場も仕方ありませんが、ちょっとかわいそうでしたね。

今日の試合ではほとんどミスなく、というよりも随所で輝きを放っており、ファンを十分に楽しませてくれました。

一方で代表最後の試合といわれたイタリアのトッティは運動量が少なく、精細を欠いていました。もちろん、スペースを十分に与えなかったフランスのDF陣がよかったというのはありますが。

なにはともあれ、長いようで短かった激闘の1ヶ月が終わりました。

ラームのビューティフルゴールで始まった今大会、美しい試合もあり、泥試合もあり、荒れた試合、歓喜の試合、悔しい試合などいろいろな試合がありましたね。

全体的に攻守にわたり、レベルが高い大会だったという印象です。

ハイレベルな駆け引きも楽しめました。
うまいだけでなく、ずるいところもハイレベルでしたね。

私はまだ何試合か見ていない試合があるので、時間をかけてゆっくりと見ていきたいと思っています。

選手の人はもちろん、時差と戦ったサポーターのみなさん、おつかれさまでした。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

スポンサーサイト
[ 2006/07/10 06:20 ] W杯ドイツ大会 | TB(4) | CM(4)

まもなくFINAL:2006ドイツ大会 

一ヶ月にわたり繰り広げられてきた世界最高峰のサッカー大会であるW杯がついにFINALを迎えます。

決勝カードはイタリアvsフランス

共通していえることは守備が堅いということでしょう。
イタリアはここまで6試合で1失点。しかも、あのオウンゴールのみ。

フランスはガラス、チュラムのCBとマケレレ、ヴィエラのボランチが鉄板になってきました。

両チームとも戦術的にはかなり高度であり、ポジショニングも的確で、均衡したゲーム展開ではスペースも少なく、我慢比べの展開になるでしょう。

早い段階で点が入ると面白い試合になると思われます。

ポテンシャルや選手層の厚さでは圧倒的にイタリア有利ではないでしょうか。

フランスは経験とメンタリティーで対抗していくことになるでしょう。ただ、ベテランの影で、若手も着実に伸びてきていることから、どちらが勝っておかしくないと思います。
やはり最後は勝ちたいという気持ちの勝負でしょうか。

こういう場面では、ゲームや机上の理論とは異なり、メンタルな部分がかなり影響してくるはずです。

いい試合になることを期待しています。

決勝最新情報はこちらから(ランキング)

にしても、キックオフが3時からという中途半端な時間ですね。

早めに寝て、3時に起きて、試合をみようかと思います。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/07/09 21:12 ] W杯ドイツ大会 | TB(0) | CM(0)

最後まで試合はわからない:ドイツvsイタリア 

7月4日、準決勝第1試合
ドイツ対イタリア

0-2

弱いといわれていた開催国ドイツが2大会連続で決勝にいくのか、それともイタリアが12年ぶりに決勝にいくのかという注目の一戦。

戦力的にはイタリアはブラジルに次いで、優勝最有力候補だと思っていましたが、あのいざこざ問題でどうなのかなという不安をものともせずにここまできましたね。

イタリアの守備はここまで完璧だと思います。
DFのバランスは文句ないし、ピルロのポジショニングや展開力は抜群で、ただ少し物足りない当たりの弱さをガットゥーゾが補っており、ここを崩すのは大変そうですね。

一方ドイツは、開幕前と初戦で見せたDFの不安を見事に修正し、最後の最後までは合格点だったと思います。

PK戦にいけば、歴史的にみるとイタリアが不利なのは明らか。
なぜ、イタリアはいつもPKに弱いのかとさえ思いますが…。
誰もがPKに行くと思った瞬間に連続ゴール!

デルピエロが決めたってところがまたうれしいですよね。

北朝鮮から日本海に向けてテポドンが飛んでくるなかで、とてもいい試合をしていたと思います。

ドイツ・イタリア戦の詳しい分析などはこちらから(ランキング)

そして、トッティが今大会で代表を引退するそうで・・・。
大会前の怪我の影響か、オフザボールの動きはよかったのですが、オンザボールの動きはいまいちでしたね。

特にキックの精度とか。
まだイメージに体が追いつかないという状態なのではないでしょうか。

決勝までに、もうひとつの試合を見たいと思います。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/07/07 01:14 ] W杯ドイツ大会 | TB(1) | CM(0)

蘇った将軍:ブラジルvsフランス 

7月1日、準々決勝。
ブラジル対フランス

0-1

2002王者と98王者の対決となった準々決勝。

前評判では優勝候補筆頭に挙げられていたブラジルも、いまいち調子があがらず、一方で、フランスは開幕当初はグループリーグ突破さえ危ぶまれていましたが、スペイン戦あたりからだんだん調子が上がってきただけに、どっちが勝ってもおかしくないという状態でした。

もちろん注目は10番対決。
ロナウジーニョ対ジダン。

結果的にはジダンの圧勝というところでしょう。
開幕前のような凡ミスは全くなくなり、むしろ全盛の頃に見せた、ボールを奪われず、起点となってリズムを生み出すプレーが随所で見ることができました。

後半途中から運動量は落ちたものの、印象的なプレーを何回も見せてくれました。めずらしくアンリにアシストもしましたし。

勝敗を分けたという点では、この二人の出来もそうですが、中盤のディフェンス力にあるような気がします。

ブラジルのボランチはゼ・ロベルトとジウベルトシルバであるのに対し、フランスはヴィエラとマケレレ。

しっかりとチェックに行き、流れを作らせていなかったのはフランスのボランチであり、それがジダンの好プレーを支えていたように思われます。
逆に、エメルソンを怪我で欠いたブラジルはその点が痛かったですね。

CBがいい出来で、攻撃陣がいまいち調子が出ないという予想外の展開のままブラジルが去っていくのは少し残念ですが。

ブラジル対フランスの詳しい分析はこちらから(ランキング)

これで、ベスト4が出揃いました。

7月4日ドイツ対イタリア 翌4時キックオフ

7月5日ポルトガル対フランス 翌4時キックオフ

4チームともヨーロッパ勢。優勝経験のないのはポルトガルのみ。
さて、どうなるでしょうね、楽しみです。

イングランド対ポルトガルも見ましたが、ルーニーの退場は少しかわいそうでしたね。何か変なこといったのかもしれませんが。
イングランドがそれほどいいサッカーをしていたわけではないので、ポルトガルが勝ったこと自体には納得ができますが、なんか不完全燃焼な感じの試合でした。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/07/02 23:32 ] W杯ドイツ大会 | TB(4) | CM(0)

開催国の意地:ドイツvsアルゼンチン 

ついにベスト8の戦いが始まりました。

まずはドイツ対アルゼンチン。

日本時間0時キックオフ。

前半、中盤に関してはアルゼンチンがポゼッションサッカーを展開するものの、なかなかゴール前での決定的シーンをつくれませんでした。

一方のドイツも、バラックがFWを追い越して、ヘディングをしたシーン意外はPエリア内になかなか侵入できない状態。

両チームともコンパクトなサッカーで、スペースの消しあいをし、要所要所で厳しいチェックをし、完全に流れを与えないように配慮したサッカーをしていたような気がします。
ようするに、ハイレベルながちがちのサッカーですね。

後半に入ると、セットプレーからアジャラのヘッドでARGが先制。
一瞬の出来事でした。

その後もガチガチは続き、気が付くとなぜか1-1で延長前半。
どうやら寝ていたようです・・・・。

かなりショックでしたが、それでも目はさめず、頭はふらふら。
ただ画面でボールが動くのを確認するのがやっと、という状態です。

結局、PK戦になり、レーマンが2本止め、ドイツが勝利。

そういえば、リケルメは蹴りませんでしたよねぇ?
さすがにCLで嫌な思い出があるだけに蹴らなかったのか。

そのあと両国で揉め事があり、それを見てなぜか意識が少し回復。

アルゼンチンの美しいパス回しがもう見れないのは少し残念です。
前にスペースがあるときは速攻で攻めることも必要だったのではないかと思います。
その意味で、テベスがいまいち抜ききれず、流れを止めてしまっていたのではないでしょうか。

録画で後半以降をまた見直したいと思います。それもいつになることやら。

今日も眠気と戦いながらがんばって見たいと思います。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/07/01 12:26 ] W杯ドイツ大会 | TB(2) | CM(1)

8強が出揃う 

ついにW杯のベスト8が出揃いました。

おどろくほど順当で番狂わせがないですね。

まぁG組とH組の1位が共に敗れたという点が番狂わせといえば番狂わせでしょうけど。

まず6月30日
ドイツ対アルゼンチン 日本時間0時キックオフ
イタリア対ウクライナ 日本時間4時キックオフ

ドイツ・アルゼンチンは中6日なのに、イタリア・ウクライナは中4日。
ちょっと意味がわかりませんが、日程的にはドイツがかなり有利なんですね。

正直2試合とも予想が難しいです。
ドイツは本番を何試合か重ねるうちにDFが安定してきて、FWが乗ってきた(何よりもホームの雰囲気はかなりの味方ですね)こともあり、見ていて楽しく、そして強いサッカーをするアルゼンチンといえども、かなり勝つのは苦労するのではないでしょうか。

イタリアはDFでネスタが怪我をし、マテラッツィが退場し、MFでも怪我や出場停止などで、ベストを組めない布陣が続いているのが調子という点で影響するような気もします。

7月1日
イングランド対ポルトガル 日本時間0時キックオフ
ブラジル対フランス 日本時間4時キックオフ

イングランドは勝ってはいるものの、いまいち形ができておらず、メンバーの割には退屈なサッカーをしてくれています。
ポルトガルは前節の影響は大きいはずで、ここで踏ん張れるか、ということになるでしょう。
優勝経験のないのはウクライナとこのポルトガルだけということで、初優勝を期待したりしています。

ブラジルはロナウドの動きがだんだんよくなってきたものの、ロナウジーニョの動きはいつもに比べたらおとなしいという印象です。
組織の一部として無難な仕事をしているという感じもするのですが、もうちょっといつもどおり楽しんでプレイする姿を見たいとも思います。勝つために仕方ないのか、調子が上がらないのか判断は難しいところですね。

スペインがあんなに強かったのになぜ負けたのかは、まだ試合を見ていないのでわかりません。フランスの調子が上がってきたのかもしれません。
明日見れたら見ようかと思っています。

ヨーロッパ6、南米2と、地の利を感じさせないわけにはいかない顔ぶれですが、歴史のある国々であるだけに、熱い試合をしてくれることを期待しています。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/06/28 23:30 ] W杯ドイツ大会 | TB(3) | CM(0)

今のところ順調? 

今週は一日4試合と、見るほうにとってはかなり過酷なスケジュール。

組合せを政策的に決めることのできないようにという配慮だと思いますが、同時に2試合やるのは見る者泣かせですよね。

私個人の場合、さらに今週は多忙のため、がんばっても一日1試合。

あとで録画を見ます。今週が日程的にヤマ場ですね。

それはそうと、A組とB組の順位が決まりました。

A1位ドイツ
 2位エクアドル

B1位イングランド
 2位スウェーデン

エクアドルは強いと思ったものの、ドイツ戦はパッとしませんでしたね。
戦力温存のせいでしょうか。

イングランドはオーウェンが怪我をし、スウェーデンはイブラヒモビッチが怪我。ただ、見た人に聞いた限りでは、試合は面白かったそうで。


最近、日本のFW、特に先発した選手(柳沢、高原)に対して批判、しかも世界的な批判がされているようですね。
フランス大会の時を思い出します。

確かに結果が全てであり、点を取らない以上勝てないし、点を取るためのポジションがFW。
快勝している国を見るとFWがちゃんと点を取っていることから、FWが点をとるかどうかはW杯において明暗を分けるポイントになります。

いくら中盤にテクニシャンがいても点を取れる選手がいなければ勝負には負けます。
まぁジーコの場合とか、プラティニとかはテクニシャン、かつ点も取れるMFなんで問題外ですが・・・

あーだこーだいわれていますが、結果で答えを出してもらいましょう。

W杯耳より情報はランキングから

先日、ランキングで検討したときにも言及しておきましたが、やはり死の組はCではなくE組になりましたね。
ガーナが楽しいサッカーをしていただけに、イタリア、チェコ、ガーナのうち、一つが消えるのは残念ですね。

さて、どうなることやら。
フランスもやばそうですし。


それにしても、ジーコのプレイはすごいですね。
日本代表監督の最後の試合にならないように、次は3-0くらいで勝ってもらいましょう。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/06/21 22:00 ] W杯ドイツ大会 | TB(5) | CM(0)

無念のドロー:日本vsクロアチア 

2006年6月18日、グループF

日本対クロアチア

結果0-0

日本中が今日の試合に勝つことを信じて応援しましたが、結果は引き分け。

オーストラリア戦に比べたら内容はかなりよくなりましたね。
ただクロアチアも強かったです。
FWがペナルティエリア内に入れてもらえず、サイドや中盤からの攻撃がメインになりました。
興奮気味に観戦していたので細かいところはあまり覚えていません・・・。

それにしても、ハラハラドキドキの試合。
PKの時なんて神・川口に祈りましたね。
そして、奇跡のスーパーセーブ。
結果的にあれはかなり大きかったことに。

神がかったセーブはこちら

神に見放されたシュートはこちら

内容的にも五分五分でしたね。
日本にとって勝てた試合といえるかもしれないけれども、クロアチアにとっても勝てた試合といえるでしょう。
それだけ両チームにチャンスはありました。

しかし、この引き分けは痛い。
最終節の時点で日本が最下位であることには変わらず、ブラジル戦は大勝しないといけません。

もっとも、可能性はゼロではありません。

日本の勝利を信じる人、ランキングで応援しましょう!!

それにしても、3バックでも4バックでも、日本の弱点を見事についてきた両チーム。
日本は相手の弱点を的確についていたのでしょうか。
選手の長所をしっかり出せていたでしょうか。
ブラジル戦はジーコジャパン、4年間の集大成。

これまでの試合で一番いい内容で、勝つことを願っています。
まぁ内容悪くても決勝トーナメントにいければいいですね。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/06/19 00:57 ] W杯ドイツ大会 | TB(7) | CM(0)

美しいサッカー:アルゼンチンvsセルビアモンテネグロ 

2006年6月16日、グループC

アルゼンチン対セルビアモンテネグロ

結果6-0

死の組と言われたグループC。
その組でこんな大差のつくゲームが行われるとは誰が予想したでしょうか。

終始アルゼンチンのペースでゲームが進められ、早いパス回しにセルビアモンテネグロは奪い所がなく、なされるがままといった感じでした。

メッシのデビューばかりが注目されがちですが、ペースをつかむきっかけとなっていたのは間違いなくサビオラの動き。

ドリブルかと思いきやパスを出し、パスかと思いきやドリブルで切り裂く。

セルビアのDFは完全に彼にかく乱されました。

一点目はドリブルで抜くのかと思わせるようなパスからロドリゲスの得点。

カンビアッソの得点は5本のパスが全て2タッチで回され相手に触れることすら許さずゴールに吸い込まれました。
あれを見た瞬間、94年大会でマラドーナの決めたゴールを思い出しましたね。
まさにアルゼンチンらしいゴール。
正確なぱすから正確で美しいゴール。
まさにサッカーの醍醐味ではないでしょうか。

94年はマラドーナが薬物反応でその後出場できず、いい成績を修めることが出来ませんでしたが、今回はマラドーナ抜きでのあのプレー。
上位進出を予感しました。今後が楽しみです。

その後はクレスポ、テベス、メッシとアルゼンチーナの要求に全て応じることになったゲーム展開。

このチームが勢い付いたことは間違いないですね。

W杯最新情報・分析はこちらから(ランキング)


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/06/18 21:48 ] W杯ドイツ大会 | TB(0) | CM(0)

調子は上がらないが:イングランドvsトリニダードトバゴ 

6月15日、グループB
イングランド対トリニダードトバゴ

結果2-0

史上最強と謳われ、優勝候補の一角にも上げられているイングランド。
にしては、少し物足りないゲーム展開をしています。

メンバー的に見ても、トリニダードに比べてイングランドの方が各は断然上。
しかし、フットボールはチームでやるスポーツであり、チームとしての熟成度が勝敗の行方を大きく左右します。

ことイングランドについて見るに、どうも中盤と前線の連携があまり見られない。
結局ロングボールからの得点とミドルの得点で、見ていて面白いゲームをまだしてくれないだけあって、ちょいと不満を感じています。

まぁこれは昔から続く伝統的スタイルというのもあるのかもしれませんが、そうだとすれば、イングランドのサッカーはどうにも好きになれないかもしれないです。

ただ、ランパードの動きの量と質には脱帽ですね。
縦のロングボールが出れば必ず走ってフォローに入る。
もしくは追い越してシュートに持ち込む。
この辺がもっとかみ合ってくると見ていて「おぉ」っと思えるようなサッカーになるかもしれないです。

決勝トーナメント進出を決めたので、それまでにあと一試合でチームとして完成して欲しいですね。

ルーニーのコンディションも万全に近づけて欲しいところです。

W杯対戦情報・分析はこちらから(ランキング)


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/06/18 21:37 ] W杯ドイツ大会 | TB(0) | CM(0)












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。