スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やはりカペッロ解任! 

久しぶりにRマドリーがリーグ優勝を果たしましたが、カペッロの解任が決定しました・・・。

シーズン中の不振時にはいつ解任されてもおかしくない状態が続いており、怒涛の連勝によって優勝はしたものの、当初の解任予測はそのまま続いていたため、「やはり」という感じでした。

「結果にこだわり、内容がおもしろくない」
という理由もあるようですが、それはカペッロに監督就任を要請した時点でわかりきったこと。

もしかしたらここらでタイトルと獲るための監督としてカペッロを呼んだのかもしれません。
優勝したのに解任とは厳しい世界です。

まだ後任は決まっていないそうで。
優勝したあとの監督ですからプレッシャーが大きいのは間違いありません。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

スポンサーサイト
[ 2007/06/29 23:54 ] リーガ | TB(0) | CM(0)

アンリがついにバルサへ! 

まえまえからいわれていた移籍がついに実現しました。

移籍金40億円で4年契約になるそうです。

ということで、エトーがどうなるのか。
ミランへの移籍は断念ということになったようですが、他のチームを探すのでしょうか。

しかし、バルサにとって急務なのはDF探し。

先日の親善試合でプジョルが左ひざ靭帯を損傷して全治3ヶ月ということですから、開幕戦には間に合いません。

誰かDFを獲らないのでしょうか。
移籍のプランをしっかりしておかないと昔のレアルになってしまう・・・。

アーセナルは確かトレゼゲ獲得でしたね。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2007/06/23 11:14 ] リーガ | TB(0) | CM(0)

ついにサビオラ放出へ 

サビオラのバルサ退団が決定しました。

いちおうバルサはオファーを出したものの、時期遅れの誠意のないものであり、これをサビオラが断った模様。
代表クラスでありながら、ライカールトは「大事な戦力」と建前ではいうものの、実際のところは戦力外。

レンタル移籍では活躍し、セビージャではUEFAカップ優勝に貢献するなど、実力は申し分ない。
私も彼のプレースタイルは好きであり、バルサでの活躍をもっと見たかっただけに、この退団は残念。

しかし、バルサに入るよりも他のチームで活躍するのが彼のためになるのは間違いない事実。
バルサへの貢献度が高かっただけに、もっといい形での移籍がよかったのでしょうが、プロである以上このような形もいたし方ないと見るべきでしょうかね。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2007/06/20 00:57 ] リーガ | TB(0) | CM(2)

レアル・マドリーが久々のタイトル! 

あの強かったレアルマドリーが銀河系軍団になってからタイトルから遠ざかっていましたが、ついに優勝を決めました。

しかも、2位バルサとは勝ち点76で並び、直接対決で上回っていたということにより苦労の優勝です。
確かに、直接対決では、1分けの時もバルサがギリギリで追いついたはずだったので、レアル優勝でいいような気もしますが、得失点は完全にバルサが上ですね。

ただ、終盤のレアルは神がかっていたのは事実。
何度も先制され、終盤に追いつき、逆転というドラマチックな勝ち方をしています。
最終節も、先制され、後半に逆転勝利。

終盤は干されかけたメンバーが徐々に使われだし、いい具合に若手とベテランが融合した形になりました。

来季からはベッカム、ロベカルが抜け、どんな顔ぶれになるのか。
バルサも黙っていないでしょう。

優勝騒ぎで100人以上怪我が出たそうです。
喜ぶのもほどほどに・・・

ちなみにセルタ、ソシエダが降格しています。
3~4年前は強豪だっただけに、リーガのレベルの高さを感じますね。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2007/06/18 23:45 ] リーガ | TB(0) | CM(0)

第202回クラシコ@カンプノウ 

バルサ2位、レアル4位で迎えたカンプノウでの第202回クラシコ。

両チームとも怪我人が多くてメンバー編成に苦労するところですが、クラシコでは期待通り、全員のモチベーションは高く、いい試合をしてくれます。

バルサはプジョル、チュラム、オレゲールの3バックでしたが、入り方がいけなかった。
3人がいけなかったというよりも、3人とボランチの距離があいまいで、何回もそのスペースでフリーの選手を作ってしまい、5分にファンニステルローイに上手く決められ、11分にメッシが同点ゴールを挙げるも、13分にファンニステルローイがPKで2-1に。

やはり前半はチェックも厳しく、なかなかパスを通させないため、バタバタした印象で、28分にメッシが同点ゴールを挙げてやっと落ち着いた感じになりました。
しかし、取られたら取り返すというバルサの気合がすごかったですね。

その気合が空回りしたのがオレゲールで、前半ロスタイムに退場してしまいました。
これで、レアルがゲームを支配するのかと思いきや、後半途中からバルサがいつものようにボールを支配し始めました。
レアルはカウンターを狙うも、後ろを気にしてか、いまいち出足が遅い。
ただ、ファンニステルローイへの楔がしっかりと落ち着き、彼はいい仕事をしていましたね。
グティも中盤での展開がよく、3点目のアシストもして、上々の出来でした。

それ以上にメッシの決定力は素晴らしい。
3点目の喜びようはすさまじかった。

カンプノウの観客は審判に不満だったらしいですが、まぁそんなに不公平ではなかったのではないでしょうか。

お決まりの観客乱入はありましたが、やはり、クラシコ。期待を裏切らず、いい試合をしてくれました。

バルセロナ3-3R・マドリード

ベレッチ、グジョンセンの投入がもう少し早かったらとも思います。
コンディションの関係もあって難しいところですが。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2007/03/14 00:15 ] リーガ | TB(0) | CM(0)

バルサ首位!も混戦のリーガエスパニョーラ! 

週末の試合でついに、バルサがリーガの首位に踊り出ました!!

エトーやメッシの離脱で得点力不足になってきた中で、バルサの窮地を救っているのはサビオラです。ここ14試合で11得点という活躍。
彼もいろいろありましたが、得点力があることは証明済み。

W杯から好調を維持していただけに、やっと活躍の場を与えられ、実力どおりの結果を出している姿を大変嬉しく思います。

そんなバルサは現在勝ち点38で首位。
2位のセビージャも勝ち点38。
そして、マドリーも勝ち点38で3位です。

そう、現在リーガは大変混戦中です。
もっとも、バルサは1試合少ないのですが。

得失点差はうえから23,18、12です。

4位がバレンシアで36.
5位がA・マドリーで35

リーガの特徴は、他の主要リーグのように、頭飛びぬけたチームが3チームくらいあるというのではなく、全体のレベルが高く、CLも同時にあるため、混戦になりやすく面白いということがあります。

マドリーなどは、ベッカム放出決定とロナウドの事実上の戦力外、怪我人続出を機に若返りを図るなどでもたついていますが、これからの後半戦は面白くなるはずです。

リーガ後半戦が楽しみな人はランキングへ!

ロナウドに関しては、アメリカのクラブもオファーを出しているようですが、ミランという噂が専らですね。

セリエAはローマががんばっているものの、インテルが独走状態でミランはかなりやばい状態なので、今年はどうも面白みに欠けます(インテルは結構好きですが、強すぎるのもね)。

CLとの兼ね合いもありますが、これからバルサとレアルの調子がどうなるかという点に注目です。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2007/01/23 01:11 ] リーガ | TB(0) | CM(0)

ベッカムは引退まっしぐら?! 

現在レアルマドリードに所属しているデイビットベッカムがアメリカのリーグに5年300億で入団するというニュースは色々な意味で多くの人を驚かせていますね。

まず、アメリカリーグに行くことの意味は何でしょうか。
けっしてMLSのレベルが低いということではなく、まぁリーガに比べれば低いですが、カタールなどに比べれば高いですし、5年という期間や31歳という年齢を考えると、現役の最後をゆっくりと暮らそうという趣旨ではないはずです。

しかし、そうは見ず、現役最後のひと時と見る人も。
かのリネカーは、アメリカにサッカーを広めに行くのは興味深く、自分も日本にサッカーを広めに行き、金を稼げた、というようなことを言っていました。
まぁリネカーは日本に全くサッカーを広めず、彼がJに存在していたということすら忘れている人がほとんどでしょうが、金を稼いだのは事実。

では、彼の考えは何なのか。
インタビューを見ると金ではないと言っているが、金が一つの要因であることは事実。リーガであれ、プレミアであれ、金にこだわらなければまだまだプレーできるチームはある。
ハリウッドで次の職探し、というのもある。
かなり大きな要素は、ビクトリアですかね。かねてからアメリカに行きたいというような発言をしていましたし、レアルに行く前もスペインがいいといっていました。要は、彼女はスペインに飽きたということです。

ベッカムのインタビューはランキングで

まぁ何はともあれ、あと半年レアルでの契約が残っているにもかかわらず、6月の入団を今発表したことで、彼のプレーが半年間見れなくなりそうです。
というのも、カペッロ自身が、他のチームに興味がいっているものを使うわけにはいかないと発言したそうです。

練習は6月までさせてもらえるそうで、よかったですね。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2007/01/15 00:50 ] リーガ | TB(0) | CM(1)

実力の違い:バルセロナvsクラブアメリカ 

クラブワールドカップ2006にバルセロナが登場しました。

準決勝のバルセロナvsクラブアメリカ

メンバーを落としてくるのかと思いきや、リヨン戦と全く同じメンバー。
時差ぼけを直すには試合をするのが一番なのでしょう。

試合に関しては、開始五分に危ないシーンがありましたが、あとは完全にバルサペース。

中盤ではワンタッチかツータッチで簡単にパスをつなぎ、相手に的を絞らせず、奪い所をあたえず、後半には相手の動きを完全に止めることに成功しました。

なめてかかれば波乱もあるかなと思いきや、そんな心配は全くなく、流す場面は多かったものの、勝負所では各自がしっかり仕事をしていましたね。

内容が4-0というスコアに反映されています。
モッタの激しいプレーが見られなかったという点で、完全に実力が違ったということがわかるでしょう。

イニエスタも怪我の影響が全く内容で、これで安心して決勝を見れそうです。

バルサのサッカーに心酔した人はランキングへ!

何よりも選手間のバランス、ボールのないところの動き、開始直後はパスミスが目立ったものの、途中からはミスがほとんどなくなり、正確なプレーが出来ていた、という点で満足の出来だったのではないでしょうか。

リーグとCLできつい中でのいい調整試合という印象もありますが、見ていてスペクタクルで、かつ強いという面白い試合でしたね。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/12/15 01:42 ] リーガ | TB(0) | CM(0)

復活したR・マドリー:第7節、クラシコ 

今シーズンの楽しみの一つであるエル・クラシコ。

少し遅くなりましたが、やっと見れたので感想を書いておきます。

まずはスタメン。

マドリー
GK:カシジャス
DF:ロベカル、エルゲラ、カンナバロ、セルヒオラモス
MF:エメルソン、ディアラ、グティ、ロビーニョ
FW:ラウル、V・ニステルローイ

バルサ
GK:バルデス
DF:シウビーニョ、チュラン、プジョル、ザンブロッタ
MF:デコ、シャビ、イニエスタ
FW:ロナウジーニョ、グジョンセン、メッシ

これだけ素晴らしいメンバーがそろっているだけあって、とてもいい試合でした。
特にレアルはよかった。
グジョンセンがまわりとフィットしていないというものありますが、それ以上に、CBとボランチが素晴らしかったですね。

中盤あたりで激しくチェックに行くことで、攻撃を遅らせ、レアルの後ろ6人がしっかりと壁をつくりスペースを消すことで、バルサに効果的な攻撃をさせませんでした。

グジョンセンがエトオのように、スペースを作る動きや、パスワークで崩す動き、くさびを受ける動き、のいずれもしっかりとできなかったことにより、メッシやロナウジーニョも苦労していたように感じられます。

一方で、レアルは堅守からチャンスを作り、2点のいずれも自陣付近からの素早い攻撃で得点を挙げることができました。

失点が少ないので、攻撃がもう少し機能すると、これからもっと伸びてくるでしょう。

バルサはサビオラが入ってなんとか攻撃に形ができつつあったので、エトオが戻ってくるまで、グジョンセン、サビオラでなんとかやりくりするしかないようですね。

それにしても、サンチャゴベルナベウの雰囲気もよく、締まった試合で見ごたえがありました。

結果
レアル2-0バルサ


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/10/27 00:30 ] リーガ | TB(0) | CM(0)

レアル再建へ 

レアルが銀河系軍団と呼ばれだしたころからこのチームはおかしくなっていった。
ちょうどベッカムが来た頃だろうか。

ちょうど95年ころに、レアルの試合をよく見た。
全体的にバランスがよく、とにかく強く見ていて参考になるプレーも多く面白かったからだ。
ちょうどセードルフのいた頃である。

ここ何年かのレアルは皆さんもご存知のとおりかなり不甲斐ない。
レアルといえば、金儲け主義のつまらないチームの代名詞のようにさえなりつつある。
「今年のチェルシーはレアルみたいだね」なんて話すら聞いたこともある。

しかし、今年のレアルは期待できるのではないだろうか。
確かにビッグネームの集団ではある。
ただ、カペッロが再び指揮を執るということもあるが、カンナバロ、ディアラ、エメルソンが加入したように、90分戦えるチームになりつつある。

ロナウドはミランに移籍するようなので、去年のレアルとは一味違うものを期待しているのであるが、はてさてどうなることやら。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/08/23 22:36 ] リーガ | TB(0) | CM(0)












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。