スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

U22日本代表vsU22シリア代表(五輪二次予選) 

先日、この世代が不人気ジャパンと呼ばれているという記事をどこかで見かけました。

しかし、この試合は結構きれいなパス回しを見せていましたね。
シリア代表がどれほど強いのかは良く知りませんが、同グループで2位につけているチームにホームで3-0なので、まぁいい出来といってよかったのではないでしょうか。

前半に関していえば、最初のほうで危ない場面があったものの、全体的にバランスが非常によく、コンパクトに保つことも出来ていて安定した動きでした。
選手間の距離もよく、縦パスがしっかりと入っていたり、スペースのある逆サイドにいいテンポで展開できていたりと、いい動きでしたね。

ただ、それもシリアが最終ラインのエリアにボールが入るまで激しくチェックを入れていなかったためということもあり、中盤で激しく来られたときにこの試合展開ができるといいですね。

後半は相手が攻めてきたこともあり、少し前と後ろが間延びしてしまいましたが、多くのチャンスを作っていました。
それだけに、決定力がないなという印象です。

相手が強くなれば、チャンスの場面は減るので、一つ一つ決めれるようになってもらいたいですね。
これはこの世代に限ったことではなく、また日本代表だけでもなくどこのチームにも言えることなんですが。

チームとして成長が見られるため、今後に期待が持てそうですね。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

スポンサーサイト
[ 2007/03/29 01:03 ] 日本代表 | TB(0) | CM(0)

日本代表vsペルー代表 

キリンチャレンジカップペルー戦が横浜で行われましたね。

結果は2-0で快勝。
内容はどうだったでしょうか。

前半の最初はペルーが飛ばしぎみできたため、ボールをすぐに奪われ、一方攻め込まれ、なかなかボールを奪えない状況になりました。

その後は危なげない試合展開で、FKから巻と高原の2得点。

ただ、狭いところでまわそうとしてミスパスをすることが多かったですね。その分、俊介のロングパスは効果的でした。
パス回しも相手の中盤よりもこちら側でまわすことが多く、見方によっては持たされている感がありました。

相手の裏を突くようなパスや、くさびをどんどん入れていかないと、流れからの得点は望めないでしょう。
もっとタイミングが合うように、連携を高めていく必要があると思います。

ただDFが安定していた点と欧州組が合流した日本代表が見れた点は収穫ですね。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2007/03/25 11:00 ] 日本代表 | TB(0) | CM(0)

日本代表追加召集(ペルー戦) 

ACLとナビスコが終わり、日本代表に7人が追加招集されました。

MF 家長昭博(G大阪)、水野晃樹(千葉)、本田圭佑(名古屋)

FW 巻誠一郎(千葉)佐藤寿人(広島)松橋章太(大分)矢野貴章(新潟)

結局FWでは4人が追加。
調子のいい高松が呼ばれるのかと思いきや、点を取っていない巻などが選ばれ、召集を遅らせた理由がここにきていまいちよくわからなくなりました。
前線からの守備が光ったのでしょうか。鈴木隆行の後継のようですね。

とにかく選ばれたからにはいいものを見せてもらいたいものです。

勝利もほしいですが、親善試合ということもあり、内容を重視していきたいと思います。

ちなみに、ナビスコの結果は以下のとおり。

A組 広島 0-3 G大阪 (広島ビ)
A組 神戸 1-4 千葉 (ホムスタ)
B組 柏 2-1 清水 (柏)
B組 横浜 0-1 大宮 (三ツ沢)
C組 大分 1-0 横浜FC (九石ド)
C組 磐田 2-2 東京 (ヤマハ)
D組 甲府 2-1 名古屋 (小瀬)
D組 新潟 3-1 鹿島 (東北電ス)

ガンバは調子いいですね。
名古屋が負けたってところが今後のリーグ戦にどう影響するか。
個人的には清水がまたもや負けたところが悔しいです。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2007/03/22 00:07 ] 日本代表 | TB(0) | CM(0)

ペルー戦の日本代表が一部発表!! 

ペルー戦のメンバーが発表されました。
ただし、一部。残りはナビスコ後のようです。

GK:
川口能活(磐田)
川島永嗣(川崎)
西川周作(大分)

DF:
中澤佑ニ(横浜FM)
坪井慶介(浦和)
田中マルクス闘莉王(浦和)
阿部勇樹(浦和)

MF:
橋本英郎(G大阪)
羽生直剛(千葉)
加地亮(G大阪)
二川孝広(G大阪)
遠藤保仁(G大阪)
中村憲剛(川崎)
鈴木啓太(浦和)
駒野友一(広島)
藤本淳吾(清水)
中村俊輔(セルティック/スコットランド)

FW:
高原直泰(フランクフルト/ドイツ)

中村と高原がオシムジャパンに初召集。
この二人がどう融合していくかが楽しみですね。

FWが高原だけというところが気になりますが、おそらく調子のいい選手を選ぼうということなのでしょう。

ペルー戦は24日です。

ちなみに、今まで選ばれていて今回選ばれなかった選手は「イエローカード」とのこと。レッドではないので今後がんばって欲しいという意味らしいです。
オシムらしい表現ですね。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2007/03/20 00:32 ] 日本代表 | TB(0) | CM(2)

J1第3節 

J1第3節が終わりました。
今回はくっきりと分かれましたね。

3月17日(土)
大分 3 - 1 大宮
浦和 2 - 0 甲府
清水 0 - 1 柏
千葉 3 - 3 鹿島
横浜FM 1 - 4 神戸
川崎F 6 - 0 横浜FC
G大阪 3 - 0 広島
3月18日(日)
名古屋 2 - 0 新潟
F東京 0 - 1 磐田

川崎、浦和、ガンバは順調に無失点で勝利。

そして名古屋は開幕から調子よく3連勝。
得失点でガンバを上回り、なんと首位。これはちょっと予想していませんでしたねぇ。
守備の安定というのが好調を支える要因でしょうか。
昨年はヨンセン獲得でコンスタントに点を取れるようになったものの、守備がいまいちで勝ちきれていなかった反面、今年は今のとこ守備が安定したことによって勝っているのでしょう。

今後、怪我人や出場停止が出ることによって、層の厚さが問われることになると思いますが。

横浜FMの不安定ぶりは今年も健在で少し気になりますね。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2007/03/19 23:14 ] J1 | TB(0) | CM(0)

第202回クラシコ@カンプノウ 

バルサ2位、レアル4位で迎えたカンプノウでの第202回クラシコ。

両チームとも怪我人が多くてメンバー編成に苦労するところですが、クラシコでは期待通り、全員のモチベーションは高く、いい試合をしてくれます。

バルサはプジョル、チュラム、オレゲールの3バックでしたが、入り方がいけなかった。
3人がいけなかったというよりも、3人とボランチの距離があいまいで、何回もそのスペースでフリーの選手を作ってしまい、5分にファンニステルローイに上手く決められ、11分にメッシが同点ゴールを挙げるも、13分にファンニステルローイがPKで2-1に。

やはり前半はチェックも厳しく、なかなかパスを通させないため、バタバタした印象で、28分にメッシが同点ゴールを挙げてやっと落ち着いた感じになりました。
しかし、取られたら取り返すというバルサの気合がすごかったですね。

その気合が空回りしたのがオレゲールで、前半ロスタイムに退場してしまいました。
これで、レアルがゲームを支配するのかと思いきや、後半途中からバルサがいつものようにボールを支配し始めました。
レアルはカウンターを狙うも、後ろを気にしてか、いまいち出足が遅い。
ただ、ファンニステルローイへの楔がしっかりと落ち着き、彼はいい仕事をしていましたね。
グティも中盤での展開がよく、3点目のアシストもして、上々の出来でした。

それ以上にメッシの決定力は素晴らしい。
3点目の喜びようはすさまじかった。

カンプノウの観客は審判に不満だったらしいですが、まぁそんなに不公平ではなかったのではないでしょうか。

お決まりの観客乱入はありましたが、やはり、クラシコ。期待を裏切らず、いい試合をしてくれました。

バルセロナ3-3R・マドリード

ベレッチ、グジョンセンの投入がもう少し早かったらとも思います。
コンディションの関係もあって難しいところですが。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2007/03/14 00:15 ] リーガ | TB(0) | CM(0)

森本が今季絶望?! 

森本が練習で左ひざを怪我したようです。

トリノ戦にはメンバー入りせず、精密検査へ。
最悪の場合、靭帯断裂だとか・・・。
試合にも出始め、さらにWユースが控えているだけに軽症であってほしいものですね。

ちなみにトリノの大黒はベンチ入りさえできず。日本人ダービーは成立せず。
移籍は失敗でしょうかね。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2007/03/13 00:27 ] ユース日本代表 | TB(0) | CM(0)

J1第2節 

J1第2節が終わりました。

3月10日(土)
甲府 0 - 2 名古屋
広島 1 - 1 柏
磐田 2 - 1 大分
大宮 0 - 2 F東京
千葉 1 - 3 清水
横浜FC 1 - 0 横浜FM
3月11日(日)
鹿島 0 - 1 G大阪
新潟 2 - 2 浦和
神戸 1 - 1 川崎F

大敗した磐田・F東京が勝ったり、浦和・川崎が分けたりとなかなか予想の難しかった今節。
J2勢のがんばりがどこまで続くのか、いまのところくらいついているという点ではJを盛り上げる要素となっていますね。

鹿島-G大阪戦を見ましたが、後味の悪い試合でしたね。
試合としては前半で完全に壊れた感じがします。

10人-10人となった時点で両チームのプランが完全に崩れ、前半は戦術も何も無い試合展開。
後半もパスが2~3本しかつながらず、スペクタクルとは程遠い試合内容。

あとは勝負にこだわるしかなく、チームとしての実力から言って、当然の展開となりましたね。
鹿島は押している場面で点を取れなかったのが痛い。

どんな試合でもチャンスは両者にあるわけで、それを生かせないと負けてしまいますね。

あとは審判にしっかりジャッジしてもらいたいです。
見て楽しもうという人もいるわけで。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2007/03/11 23:10 ] J1 | TB(0) | CM(2)

Jリーグが開幕!! 

ついにJリーグ2007シーズンが開幕しましたね。

どこの試合も接戦。
しかし、昨シーズンの上位はしっかりと勝ち点3を獲得しました。

毎年そうですけど、開幕戦は接戦です。
どこのチームも開幕に照準を合わせてチーム作りをしてくるわけで、強豪といわれるチームであっても、コンディションがいいチームと対戦すれば接戦になるわけです。

鹿島は相手が川崎ということもあり敗戦を喫しましたが、磐田はちょっと例外でしたね。
柏ー磐田の試合は見ていませんが、開幕戦であれだけ差がでるということは、柏の出来がよかったか、ジュビロがチーム作りに失敗した可能性があります。

J1最新情報はランキングから

そういえば、日本平にアストロビジョンができましたね。
意外に小さいそうですが、まぁ無いよりはマシです。
観客動員を増やしていって、次は収容人数を増やしてほしいものです。

次節は鹿島-G大阪戦が地上波での中継があり誰でも見れると思うので、お見逃し無く!!


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2007/03/05 22:34 ] J1 | TB(0) | CM(4)

バルセロナvsリヴァプール(UEFA Champions League 決勝ラウンド1回戦 1st leg) 

第2レグが始まってしまう前に見ました。

リヴァプールはバルセロナとの相性がいいようで、しかも、ベニテスのカンプノウでの成績がいいようで・・・とはいってもそう簡単にはバルサには勝てるわけがないと思っていました。

スタメンを見ると、リヴァプールはベラミーの1トップで完全に守りの陣形。(カイトが若干上がり気味だったが)

試合中は幾度も4バックの前にボランチが3人並び、時には最終ラインが6人くらいになる有様。
そのため、バルサに攻撃のスペースは与えられず、しかもデコのポジションあたりにボールが入ると厳しいチェックが入るのでなかなかバルサらしいつなぎが出来ない。
バルサはよく相手のPエリア付近でポゼッションをするが、今回の試合ではそれがなかなか見られなかった。その要因はやはり、シャビアロンソ、ジェラード、シソッコの中盤からの激しいチェックが効いていたからであろう。

ただ、先取点のザンブロッタの素早い切り込みと、正確なクロスは見事としか言いようがない。効き足でない左足(左サイドをかなり経験しているとはいえ)であれだけ正確なクロスを入れられるのは世界クラスだという感じはした。

もっとも、ベラミーの得点シーンでのバルサの一瞬の集中力の欠如は痛かったとしか言いようがないですね。

どうもこの試合はバルサらしさが感じられませんでした。
バックパスをキャッチするというシーンがあったり、安易にロングボールに頼るようになったりと・・・。
それだけ、リヴァプールの戦術が上手くいったといえるかもしれません。

結果は1-2.

リヴァプールにとっては最高の出来。

バルサは2-0で勝てばいいわけですが、果たしてそれをアウェーですることができるのか。

リヴァプールが完全に引かなければ可能かもしれないですね。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2007/03/03 12:43 ] CL | TB(0) | CM(0)












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。