スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドイツvsスペイン(EURO2008決勝) 

●ドイツ0-1スペイン○

ついにEURO2008の優勝チームが決まりました。

スペイン!

無敵艦隊と呼ばれつつも、トーナメントに入るとすぐに負けてしまうのが今までのスペインでしたが、今回は違いましたね。

全体的には小粒の選手が多く、パスサッカーを展開するのが最近のスペインサッカー。

それをドイツも知っているので、なるべくそれをさせないように、中盤の守備をしっかりとしてきました。
その分ドイツもパスをつなげなくなってしまったような気がします。
また、ラームを下げて起点を失ってしまったし。怪我ですかね。

結果的には、ドイツはほとんど何もできなかったのではないでしょうか。
セットプレーのキックの精度がもう少しよければ、得点のにおいもするのですが、それすらありませんでしたね。

シャビアロンソを入れた監督の采配も素晴らしかったです。
あれで完全にドイツは沈黙してしまいました。

シャビアロンソがサブってのも贅沢ですけど。

スペインの個々の選手は、パスはもちろん上手いのですが、
1.それぞれパスをもらうポジショニングがいい。
2.振り向く(前を向く)能力が高い。
3.良く走るしフィジカルも強い。
という印象です。

日本の選手と比べると、2番目がダントツで違うのではないでしょうか。

日本もパスをつなぐ方ですので参考になるチームかな?
個人の能力の違い(インスピレーションも含む)はどうしようもないですが・・・。


MVPはシャビだそうです。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

スポンサーサイト
[ 2008/06/30 22:59 ] EURO2008 | TB(0) | CM(0)

EURO2008結果 

EURO2008最新結果はランキングへ

6月7日
グループA
    ●スイス0-1チェコ○
 ○ポルトガル2-0トルコ●

6月8日
グループB
●オーストリア0-1クロアチア○
    ○ドイツ2-0ポーランド●

6月9日
グループC
 △ルーマニア0-0フランス
   ○オランダ3-0イタリア●

6月10日
グループD
  ○スペイン4-1ロシア●
  ●ギリシャ0-2スウェーデン○

6月11日
グループA
    ●チェコ1-3ポルトガル○
    ●スイス1-2トルコ○

6月12日
グループB
 ○クロアチア2-1ドイツ●
△オーストリア1-1ポーランド

6月13日
グループC
  △イタリア1-1ルーマニア
  ○オランダ4-1フランス●

6月14日
グループD
●スウェーデン1-2スペイン○
   ●ギリシャ0-1ロシア○

6月15日
グループA
    ○スイス2-0ポルトガル●
    ○トルコ3-2チェコ●

6月16日
グループB
  ●ポーランド0-1クロアチア○
 ●オーストリア0-1ドイツ○

6月17日
グループC
  ○オランダ2-0ルーマニア●
  ●フランス0-2イタリア○

6月18日
グループD
  ●ギリシャ1-2スペイン○
   ○ロシア2-0スウェーデン●

6月19日
準々決勝
 ●ポルトガル2-3ドイツ○

6月20日
準々決勝
●クロアチア1(1PK3)1トルコ○

6月21日
準々決勝
  ●オランダ1-3ロシア○

6月22日
準々決勝
 ○スペイン0(4PK2)0イタリア●

6月25日
準決勝
  ○ドイツ3-2トルコ●

6月26日
準決勝
 ●ロシア0-3スペイン○

6月29日
決勝
  ●ドイツ0-1スペイン○


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2008/06/30 22:01 ] EURO2008 | TB(0) | CM(0)

2010W杯アジア最終予選組み合わせ 

アジア最終予選の組み合わせが決まりました。

【グループA】
オーストラリア
日本
バーレーン
ウズベキスタン
カタール

【グループB】
韓国
イラン
サウジアラビア
北朝鮮
UAE


3次予選で戦ったカタールとまたもや同組。
前提として、同レベル同士の国は分かれるというルールにより抽選を行うことになっていました。
日本とサウジが同レベルという扱いのところ、くじ引きにより日本が4位、サウジが5位扱いとなりこのような結果となったわけですね。

へたをすると、サウジの位置に日本がいた可能性もあり、まぁ「とりあえず良かった」といえるかもしれません。

実際のところ、どことやっても勝つ可能性・負ける可能性ともにわからないわけでうけれどもね。

初戦は9月6日、バーレーン戦です。

本大会に是非とも出てもらいたいです。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2008/06/28 00:20 ] W杯南アフリカ大会 | TB(0) | CM(0)

オランダvsロシア(EURO2008準々決勝) 

●オランダ1-3ロシア○

いやぁ、オランダ負けてしまいましたね。

コンディション的にはロシアの方がいい感じがしました。
やはり延長になってくると、動けなくなった方の分が悪くなると。

グループリーグの3戦目を休むとコンディションが落ちるのでしょうか。

オランダが疲れてきた後半の最後の方からロシアの10番アルシャービンの動きが目立つようになってきて、オランダが困ったという流れになりました。

オランダも全体的に若くなってきていますが、ロシアはそれよりも若いようですね。
さらには、ヒディングマジックというのか、彼の走るサッカーというのはどこの国でやっても強いですね。

さらには、イタリア、フランスは最初にセットプレーからオランダに1点取られ、それからカウンターで大出血しただけにそのような試合展開にならないように注意していたと思います。

オランダの同点弾はセットプレーからでしたが、それ以降にロシアがあわてるということがなかったのが良い結果につながったのではないでしょうかね。

ロシアもなかなか成長してきていますね。

ただ、オランダが負けてしまったのは残念です。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2008/06/23 02:52 ] EURO2008 | TB(0) | CM(1)

日本vsバーレーン(2010年W杯アジア3次予選) 

3次予選最終戦。

○日本1-0バーレーン●

まぁ消化試合です。
「絶対に負けられない」というわけではないですが、できれば勝ちたいという試合です。

確か、グループ1位になっても最終予選の組み合わせには影響しないはずです。
プライドの面からしてみれば、前回変な負け方をしたので、リベンジがしたいという点もあるかもしれないですね。

全体的に日本のスタメンはフレッシュな選手が多めでした。
内田、安田、本田など。

試合早々に佐藤寿人がPKをもらうも、俊輔が外します。
前にもこんなシーンを見たことあるような気もしますが、ちょっともったいなかったですね。
個人的にはヤットのキックを見てみたかったのですが。

何人か入れ替えたということもあるかもしれませんが、全体的に攻撃のリズムが良くありませんでしたね。
中盤にパサーをそろえているので、FWはもっと飛び出すべきだし、スペースを作ってミドルを何発か打つということもできたはず。

1試合とおして、攻撃の形ができずじまいでしたが、まぁ得点できてよかったです。

0-0で終わっていたら、あのPKさえ・・・ということになりかねませんですからね。

次は、最終予選で変な組み合わせにならないことを祈るのみです。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2008/06/22 22:04 ] W杯南アフリカ大会 | TB(0) | CM(0)

オランダvsフランス(EURO2008グループC) 

○オランダ4-1フランス●

イタリアの引き分けを受けての試合であったので、フランスとしては負けてはいけない試合。
しかし、結果はまたしてもオランダの圧勝。

いやぁ、強いですね。
前半は、カイトがCKから先制点を奪い、動きはあったものの、全体としてみれば、スペースもなく、両チームともこれといった見せ場のない、ガチガチの試合展開でした。

後半に入ると、アンリの調子が上がってきて、ゲームのスピードが全体的にあがってきます。
スペースもだんだん生まれだし、両チームともチャンスが多くなります。

そこで、チームの差が出たのが、前線のタレント力の差でしょう。
ニステルローイのポストを始め、その背後の選手の得点力はフランスを圧倒していました。

サニョルはアシストを決めたものの、どうしても見劣りするだけに、そこをかなり突かれていました。
若いいい選手がいれば、という所です。

フランスの攻撃はどうしてもリベリー、アンリに頼らざるを得ないのに対し、オランダはニステルローイ、スナイデル、ファンペルシー、ロッベンのどこからでも得点を奪える力を持っています。
カウンターを確実に決める力を持っているだけに、そして、タレントの枚数が多いだけに調子のいい選手を使えばいいわけで、守備が崩壊しない限りオランダは勝っていくでしょうね。

それにしも、後半は見所のおおい面白い試合でした。
イタリア・ルーマニア戦もいい試合だっただけに、やはりこのグループは面白いですね。

フランスが負けたため、ルーマニアが2位。
フランス、イタリアがともに敗退という可能性すら出てきました。
次の試合でオランダがメンバーを落としてくれば(おそらく落としてくるでしょう)、ルーマニアも十分チャンスがあります。
フランス、イタリアはチームとしての完成度が不十分という印象なので、これ以上上がってこないとトーナメント進出は厳しいところでしょうね。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2008/06/14 18:18 ] EURO2008 | TB(1) | CM(0)

イタリアvsルーマニア(EURO2008グループC) 

△イタリア1-1ルーマニア

オランダに大敗したイタリアとしては、ルーマニアに勝っておきたいところでしたが、引き分けてしまいました。
前の試合とはメンバーを何人か入れ替えて、ある程度攻撃の形ができてきたように感じられます。

ピルロを経由しての攻撃という点では変わりはないのですが、前の試合のようになんとなく真ん中を行くというのではなく、サイドをつかったり、トニと基点として、中盤から飛び出していくという形が見られました。

そして、なによりもイタリアの勝つという気迫が序盤から出ていました。

一方で、ルーマニアの守備陣の集中力は高く、しぶといところを見せてくれます。
そして、ムトゥのしたたかな先制点。

しかし、その後すぐにうばったパヌッチの動転弾。
「またか」という思いを払拭するゴールでした。

その後、ムトゥのPK失敗もあり、ルーマニアとしては、ややもすれば「勝てた試合」でしたね。

イタリアとしては、確実に勝ち点3を計算していた試合なのでしょうが、ルーマニアもいいチームであることが再認識させられたゲームであり、結果的にはなんとか勝ち点1を取ったという形になりました。
だいぶ運に見放された場面も多かったので、イタリアが強いことには変わりありませんがね。

見ている側からすると、このゲームは見所のある場面がかなりあり、1-1というスコアながらもいいゲームであったのではないでしょうか。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2008/06/14 15:14 ] EURO2008 | TB(0) | CM(0)

オランダvsイタリア(EURO2008グループC) 

○オランダ3-0イタリア●

いわゆる「死のグループ」の注目の一戦であるオランダ対イタリアですが、結果は思ったよりも広がりました。

イタリアは2006のW杯で優勝しているので、実力的には弱いということはないのでしょうが、なりよりもカンナバロが欠場している点が大きく響いたか。
システム的には、トップ下かセカンドトップを置いていたイタリアの方が機能していたような気もします。

何よりも試合展開が完全にオランダでした。
序盤はほぼ互角か、オランダが形を作りかけていたところで、ニステルローイのゴール。
若干オフサイド気味でしたが、これが試合を動かしました。

イタリアが攻めに出たところで、オランダが素晴らしいカウンター。
ジオ→カイト→スナイデルとつなぎ、2点差。
強豪国であることを認識させられました。

これによって、イタリアが俄然点を取りに行き、後半は完全にイタリアペース。

しかし、またもやカウンターにより、ジオのヘディングで3点差。
イタリアの反撃の意思をそいだ追加点でした。

イタリアも得点できるシーンは何度もあったのですが、決められず。
トニの悪いパターンでした。

調子の良いデルピエロを最初からセカンドトップ気味にして出しておけばとか思ってしまうわけですが、そんなことをいっても仕方ないので、次の試合でどう来るかが見物です。

オランダがダイナミックで見ごたえあるゲームを見せてくれるので、次の試合も楽しめそうですね。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2008/06/10 23:28 ] EURO2008 | TB(0) | CM(0)

オマーン対日本@マスカット 

2010W杯南アフリカ大会、アジア3次予選。
アウェイでのオマーン戦。
△オマーン1-1日本

36度という気候の中、試合展開的には、最悪のパターンとして負けの可能性があったわけですが、なんとか引き分けで終わりました。

最初の失点はセットプレーからであって仕方ないところもあります。

日本の得点であるPKは
「あれっ?ファウルなの?」
とおもうようなプレーからであったものの、遠藤らしいキックで「もうけもの」といえる得点であったといえるでしょう。

そして、主審からオマーンへの「おかえし」とも思えるようなPKが与えられ、これをオマーンが失敗。

これが決まっていれば、試合はオマーンの時間稼ぎばかりとなるグダグダの試合になっていたでしょう。

その後は日本はせめるものの、得点は奪えませんでした。

どちらかといえば、体力的にきつそうなのはオマーンのほうでしたね。
そうすると、日本には大勝が期待できたのではないでしょうか。

そうはいっても、コンディションやピッチ状態などその他いろいろな要素が絡むので、一概に「なんであんな試合をしたのだ」とはいえません。
しかし、ホームでやったように、そして後半でやったように、前半でもっとボールを動かせば、全体的に楽な試合になっていたでしょう。
むしろ、前半に何回かカウンターで2-2のピンチを招く危険な場面があったのが残念です。

バーレーンがタイと引き分けただけに、この試合を勝っておきたかった。
引き分けで十分という人もいるかもしれない。たしかに最悪の結果ではないけれど、個人的には不満ですね。

次のタイ戦は確実に勝ってもらいたいです。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2008/06/08 14:16 ] W杯南アフリカ大会 | TB(0) | CM(0)

日本対オマーン@日産スタジアム 

○日本3-0オマーン●

W杯南アフリカ大会アジア3次予選の大事な試合と位置づけられた試合でしたが、危なげなく勝利しましたね。

前半から日本は集中して、前半からのプレスを怠らず、コンパクトにいいゲームを作れていたと思います。
比較的早い時間に得点できたこともよかったです。
中澤のゴールは見事なゴールでした。中の選手の動きはとても意思統一できていたのではないでしょうか。

無失点という点も良いですね。

オマーンのDFのサイドのスペースが空いているうちに、日本はそこから攻撃することがあまりできず、その結果、完全に崩すところまではいきませんでした。そこまでいけば相手の戦意を完全に奪えるくらいにつぶせるので、次戦は完全に崩してもらいたいところです。

さらに、3-0になったあとにダメ押しできれば、オマーンが日本に対して苦手意識を持つようにさせることができたはずだったので、もうひとがんばりできると最高だったのではないでしょうか。
今日くらいのモチベーションで臨めば、アジアレベルは突破できるでしょう。

W杯で勝てるようにするためには、個々の突破力などを挙げていく必要性を感じます。

次も今日くらいのスコアで勝つことを期待しています。
今日は、相手に出場停止の選手が多かったとのことですので、次回になめてかかると痛い目にあうので、そこは気をつけてもらいたいものです。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2008/06/03 01:14 ] W杯南アフリカ大会 | TB(0) | CM(0)












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。