スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J1第5節 

J1第5節が終わりました。

注目の首位決戦は浦和に軍配。

ワシントンの個人の力はやはり威力がありますね。
そして、攻撃力ばかりに目が行きがちですが、中盤からしっかりとしたプレスを鈴木中心にやって、守備が安定していることもここまで無敗の所以でしょう。

ついにレッズが首位に立ちました。
独走しそうだけど、ダンゴになったほうがリーグとしてはおもしろいですよね。

あとセレッソが初勝利。おめでとう。

エスパルスが3連勝のあと2連敗。
ただでさえ攻撃陣に不安があるのに、マルキーニョスと兵働の欠場が痛かった。
若手の台頭は嬉しいですが、もっと層を厚くしないと長いシーズンは戦っていけませんよね。


今日は名古屋vs大分の感想を少し。

その他のJ最新情報はこちらから(ランキング)

昨年末の大分は驚異的な戦績を残し、「シャムスカマジック」とまでいわれました。にもかかわらず、今シーズンは4試合で1勝1分2敗とパッとしない成績。

気になっていたのでこの試合を見てみました。

名古屋は4-4-2システム。
FWが玉田と豊田
MFは左から阿部、金、吉村、中村
DFは左から本田、古賀、秋田、大森
GKは川島。

これに対して大分は3-5-2システム。
FW:オズマール、高松
トップ下に西山で左から根本、トゥーリオ、エジミウソン、梅田
DFが福本,三木、深谷
GKが西川。

グランパスの左サイドバックに本田を起用したことは少し疑問ですが、その前の阿部が全く機能せず。
後半からは有村を左サイドバックにし、本田を前に。

しかし、2点目を取られてから大森に変えて増川を前線にあげ、3-4-3のような形にしましたが、同時に中村を杉本に変えたため、右が全く機能しなくなり、金と本田が中盤をなんとかするしかないという形になってしまいました。

もっとも、3点取られると選手のモチベーションは明らかに下がり、パスミスが多いし、フォローにも行かない有様で、攻撃はかなり雑になり、人数が多い割りには決定的チャンスが無いという今季最悪のグランパスといえるでしょう。

というのも、大分のディフェンスが今年もそれだけしっかりしているということだと思います。

梅田、根本が運動量を増やして、攻撃した後にしっかりと戻り、いい仕事をしていました。

課題は攻撃陣にあるといえます。

高松は結構いい仕事をしていました。
キープができ、シュートにも持っていける。
それに対して、オズマールがチームに溶け込んでいないようで、ボールタッチも数が少なかったですね。

この辺が去年のマグノアウベス級になってくると上位に上がってくるのだろうと思います。

今節は3点取りましたが、名古屋がセットプレーに異常に弱く、2点ともフリーでシュートを打てていただけなので、今後流れからもっと点を取ることができると今年も台風の目「シャムスカマジック」となるでしょう。
スポンサーサイト


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/03/28 00:20 ] J1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikkansoccer.blog36.fc2.com/tb.php/101-eaabebc7














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。