スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CL:ミランvsバルセロナ 

もはや3週間くらい前の試合ですが、本日ゆっくり見ることができ、感想を書く時間的余裕もあるので、記録として感想を残しておこうかと思います。

バルセロナがサンシーロに乗りこんでのチャンピオンズリーグ準決勝1stleg。
かつてのチームメイト、アンチェロッティとライカールトの対決としても注目を集めた試合です。
結果は0-1。アウェーゴールをバルサが奪い決勝進出に大きくリードしました。

ミランのシステムは4-4-2。

       ●   ●
  ジラルディーノ シェフチェンコ
         
        カカ
      ●     ●
  セードルフ   ガットゥーゾ
         
        ピルロ
 ●    ●     ●    ●
セルジーニョ カラーゼ ネスタ  スタム
         
        ジダ



これに対して、バルサは4-3-3。

       
      エトオ
  ●         ●
ロナウジーニョ    ジュリ
    ●     ●
  イニエスタ  ファンボメル
       
    エジミウソン
 ●   ●   ●   ●
ジオ プジョル マルケス オレゲル
       
      バルデス

この試合は中盤の争いが五分五分であり、かなりあたりも激しいものでした。
ミランの攻撃はピルロが組み立て、カカがアタックするというのがいつものパターンですが、ピルロはイニエスタが、カカはエジミウソンが、うまくその長所を消し、ファンボメルも目立たないながらルーズボールの処理に励んでいました。
そのせいか、両チームともパスがつながらず、中盤の競り合いは五分となっていました。

サイドでは、セルジーニョにジュリがぴったりとくっつき、全く仕事をさせないという貢献ぶり。
FWながら、あの働きぶりは頭が下がります。
点も決めて、MVPの一人でしょう。

もう一方ではスタムの攻撃参加は何回もありました。
もっとも、精度の高いクロスを上げるわけではなく、起点となるような攻撃参加です。
ロナウジーニョがほとんどディフェンスをしないので、ミランはここを手がかりに点を取りたかったのでしょうが、そうはいきませんでした。
やはり,前半のジラルディ-ノ、シェフチェンコの決定的場面、そして、後半のカカからのパスを受けたジラルディーノのシーンで決めることができなかったのが悔やまれるでしょう。

注目のロナウジーニョですが、アシストのシーンは確かに芸術的でした。リフティングで何人かかわしたところや、ポストに当てたところなど見せ場はありましたが、あまりにも前半がおとなしすぎたような気がします。

もちろん一番抑えるべき人物で、ガットゥーゾのマークも厳しいので仕方ありませんし、パスサッカーがなかなかできなかったのもありますが、もうちょっと見せ場を多くしてもらいたかったですね。

そのかわりに、イニエスタが光っていました。
デコが出場停止だったので、中盤がミラン有利かと思われましたが、デコに勝るとも劣らずの活躍ぶりで、バルサが勝てたのにはこの人の貢献度がかなりあったのではないかと思います。

ということで、明日はカンプノウでの2st legを楽しみたいと思います。
スポンサーサイト


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/05/04 01:37 ] CL | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikkansoccer.blog36.fc2.com/tb.php/124-135bc457














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。