スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

死闘のFAcup決勝 

あいかわらずサッカーを見るためのまとまった時間を取れないことが続き、やっと見ることのできたFAカップ決勝戦。

その前に、この状況でW杯が開幕したらどうするのかとちょっと不安。
睡眠時間が減るのは確実。
全試合を大会期間中に見ることのできないのも確実。
最低でも一日2試合ですからねぇ。とりあえず全部を録画してから考えましょうか。

と、話を戻し、決勝のカードはリヴァプール対ウエストハム。
実は試合を見たのが2,3日前なので、詳細が違うかもしれませんが、気にしないで下さい。

先制点はキャラガーのオウンゴール。
戻りながら右足を出したのに左足にあたりゴール隅にゴール!
FWだったら超ファンタスティックなプレーでしたが、オウンなので思わず吹き出してしまいました。

その後もアシュトンが決めウエストハムが2点リード。

前半はウエストハムの蹴るサッカーにペースを狂わされたのか、リヴァプールはつなぐサッカーができずに苦しみましたね。

しかし、シセがうしろから来たボールをボレーでファインゴール!
右が赤で左がしろの紅白スパイクで目立ってました。
後半は蛍光でさらに目立ち、延長は足をつりながら変な走り方をしてさらに目立ったシセ。
さすが目立ちたがりやです。

後半はジェラードの弾丸シュートで追いつくものの、コンチェスキーのミスクロスがそのままゴールで3-2。

後半途中で、シャビアロンソがなにやら怒りながら交代を要求。
徐々に調子を上げてきたようにも見えたが怪我の影響だろうか。
なんだろな?と思っているうちにジェラードも足をつりロスタイムへ。

後半はリヴァプールもパスをつなぐようになりましたが、どうも真中を無理やり通そうとする傾向にあり、アントンとガビドンのいい働きにより上手く行かず。

そうこうしていると、同じように跳ね返されたところをジェラードのどっかんミドル。
いままで足をつってた人がこんなのを打てるのかと思うくらいのミドルでした。

結局、延長をやってPKでリヴァプールが優勝しましたが、延長はかわいそうなくらい全員満身創痍でしたね。ベナユンを除いて。
プレミアのサッカーはアスリート系スポーツだということを改めて思い知らされた試合でした。

スピーディーで攻守の切り替えが早い割にはミスが少ないので、レベルの高さを感じましたが、もうちょっとつないでもいいかなとは思います。
遊びの部分というか、魅せるという部分は少ないですよね。

とはいうものの、試合の雰囲気とか展開など、見て満足できる試合でした。
スポンサーサイト


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/05/29 23:01 ] プレミア | TB(0) | CM(2)

ジェラードは凄いですね

はじめまして。
ひろと申します。

ブログランキングから覗かせていただきました。
FAカップのジェラードのミドルはほんと凄かったですね。見た瞬間目が覚めました(オウンゴールもある意味目が覚めましたが・・・どっち足で打ったの分かりませんでした)

ジェラードとランパードの中盤が見られるワールドカップが楽しみですね(ミドルシュートの雨あられ)。
寝不足で体壊さないようにしてくださいね。

これからもちょくちょく覗かせていただきます。

P.S.
もしよろしかったら、私のブログにリンク張っても良いですか?
[ 2006/05/30 18:24 ] [ 編集 ]

ひろさん、はじめまして。

ジェラードは2発とも強烈でしたね。
ランパードとともによく走り、よく攻め、よく守りと、今回のW杯では最強の部類に属するCMFのコンビではないかと思います。楽しみですね。

体壊さないように気をつけます。見るほうも体力勝負ですね。ひろさんも体壊さないようにして下さい。

リンクはサッカーに関係していればフリーなので、どんどん張ってもらって構いませんよ!ありがとうございます。
[ 2006/05/30 22:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikkansoccer.blog36.fc2.com/tb.php/151-bfe84902














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。