スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ロースターターの優勝候補:イングランドvsパラグアイ 

6月10日、グループB、イングランド対パラグアイ

結果は1-0でイングランドが勝利。
前半3分のオウンゴールを守りきって辛勝しました。

W杯グループリーグの詳しい分析はこちら(ランキング)

試合前の予想としてはロースコアになると感じていました。
イングランド相手といえども、さすがにパラグアイが2点も3点も許すことは考えにくいからです。

前半にベッカムのフリーキックがDFの頭をかすめてそのままゴールし、そのあとはパラグアイの方が少し優勢かと思われるような試合展開でした。

熱さのせいか、イングランドは後半バテぎみ。
ランパード、ジェラードは無理してまで攻めないため、攻撃の起点はJコールのみ、といった感じで、得点の気配を感じさせませんでしたね。

逆に、パラグアイはバルテスが精力的に動いてチャンスメイクをしていました。最後の決定力を少し欠いたのと、サンタクルスが完全に消えていたのが同点にできなかった原因のようにも思われます。

前半の得点がなければもう少し面白い試合が期待できたかもしれませんが、イングランドは勝ち点3で十分満足なので、これでOKなのでしょう。

パラグアイとしては、前半早々のキーパー負傷も計算外でありますが、イングランドに負けることは十分予想していたので、今後の試合に全力で来ることでしょう。
何よりも、サンタクルスにもっとピリっとしたプレーをしてほしいところでした。
スポンサーサイト


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/06/12 20:47 ] W杯ドイツ大会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikkansoccer.blog36.fc2.com/tb.php/165-e2556479














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。