スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

一つのミスが命取りに:イランvsメキシコ 

6月11日、グループD

メキシコ対イラン

結果3-1

メキシコ:オマール・ブラボ (28分、76分) シーニャ(79分)
イラン:ヤハ・ゴルモハマディ (36分)

W杯のネタといえばランキング

結果的には3-1でしたが、前半は1-1。
両チームともミスがほとんどなく、かなりレベルの高いゲームでした。
イランもバランスよく攻めていて、前半は五分五分の内容でした。
メキシコと互角にやるとはイランもなかなかやるなと思わせるほどでした。

しかし、後半になると次第に流れはメキシコへ。
熱さのせいか、イランのFWの動きが止まりだすと、中盤にフレッシュな選手を入れたメキシコがゲームを支配するようになります。

前半でミスの少なかったイランですが、突然キーパーのキックミスで相手にあたり、そのあとの処理にもたつき、追加点を与えてしまいました。

やはり世界レベルを相手にするとこの程度のミスでも失点につながってしまうと言うことを実感しました。

3点目のシーニャのヘッドはきれいなゴールでした。

マルケスは、バルサのビルドアップをほとんど彼がやっていると言っても過言ではないだけあって、この試合でもメキシコの起点はマルケスを中心とするものでした。

イランとしては、バテたダエイをフレッシュな選手に代えていれば展開が代わったのかなという感じです。

カリミの不調も痛かったですね。
アジア代表としてイランにがんばってもらいたかったのですが、負けてしまい少し残念です。

メキシコの選手は体格的に日本人と似ているし、テクニック重視のサッカーをしているので、日本のサッカーはこれを手本とすればいいかもしれないという印象を持ちました。
スポンサーサイト


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/06/13 21:25 ] W杯ドイツ大会 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikkansoccer.blog36.fc2.com/tb.php/167-eb5dbdab


ボキのボルヘッティ兄貴

ワールドカップ 3日目だよん。オランダVSセルビア・モンテネグロ何だかロッベンさんVSセルビア・モンテネグロみたひだった・・・。オランダは中盤のコクーさん、ファンデルファールトさんがオージーとの親善試合で少しだけ削られていたのでおい。オランダもう終了かい
[2006/06/15 20:50] URL 女33歳の本音                  ~いいやつばかりじゃないけどわるいやつばかりでもない












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。