スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本代表について考える 

さて、今日の朝は昨日の日本戦についての感想が挨拶代わりになり、昼頃には再びテンションは下がり気味に。

今日は昨日の反省と今後の展望で話が持ちきりでした。

昨日に比べれば少し冷静になり、次に向けてモチベーションもやや上がってきたということで、昨日の反省を少しし、今後に向けての展望を少し書いておこうかと思います。

まず、日本の左サイドと中盤を完全に抑えられました。
さらにオーストラリアはサイド攻撃をほとんどせずに、中央からの攻撃がメインであり、日本はそれにあわせた戦い方をして自分達の得意な展開が出せず終いだったように思われます。

もっと走って、プレスを前からかけて素早い攻撃を仕掛けるということをしないとクロアチアには勝てないと思います。

点を取られずにしのぐ方法としては、中盤を増やしたりするより、トリニダードがやったように、フレッシュなFWをいれて、相手に攻めに専念させないことの方が、さらには、イランが失敗したように偉大だけど疲れた人を残すより、沢山動いてチームに貢献できる人を入れた方が、懸命だと思われます。

さらにチームとしての意思統一も必要でしたね。
オージーはFWをどんどん増やしてチームとして点を取りに行くという意思が試合に出ていない我々にも伝わってきました。
しかし、日本の場合、前の何人かは点を取りにいき、後ろの何人かは守ると言う雰囲気で、バランスがかなり崩れました。

チャンスがあったら人数をかけるというコンセプトがあれば、もっとコンパクトに保ちつづけてあんなにズルズルとしてしまうこともなかったように思われます。
しかし、あの雰囲気で冷静にそれができるか、というと難しい気もしますね。

いい経験になったのかもしれません。

さて、今後ですが、もちろんグループリーグ突破を目指しましょう。

やはり最低でも勝ち点4が必要です。
クロアチア、ブラジルに2勝できれば問題ないです。

クロアチアに勝ち、ブラジルに引き分けで勝ち点4。
ブラジル2勝1分け、クロアチアがオーストラリアに勝ち、クロアチアとオーストラリアの勝ち点が3。

ブラジル7、日本4、クロアチア3、オーストラリア3
これで突破です。
かなり他力本願ですが。
初戦負けたので仕方ありません。

ここまできたら誤審でもいいから勝ってもらいたいです。
もちろんいい展開で勝つのが一番ですが・・・。

日本の奇跡を信じる人はランキングへ!

全てはクロアチア戦ですね。
絶対に負けられないという試合はまさにここでしょう。

なんかちょっといける気がしてきたのは私だけでしょうか。
そんなはずはないですよね!!
スポンサーサイト


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/06/13 22:02 ] 日本代表 | TB(8) | CM(5)

日本代表の反省点

初めてのカキコで失礼します。あのときの逆転負けは、本当に頭に血が上りましたね。暫くして、冷静になって考えてみると、色々な要因があったように感じます。まず手始めにジーコの采配から、スタミナ切れの選手が出てきているのに、(まあ、坪井の故障による交代を差し引いても)代えるのは、玉田であるはずが
、なぜか小野、しかも、何のメッセージか判らない交代、更に、俊輔がスタミナ切れで、バテバテなのに、代えず、これだけでも、敗戦の要因になります。それを選んだ、川渕会長の責任も出てきます。次に、選手達、前後半通じて、DFラインがあまり上がらず、ペナルティエリアに釘付け状態+サイドも一緒に下げさせられた感じがします。次に選手達
、DF陣と攻撃陣との、意識の差が出てたように感じます。この点が統一されると、安定した戦いが出来ると考えます。そして、最後はFW陣
、何で、パスばっかりするんだ?って思いました。普通、ゴールが近けりゃ、積極的に打つだろうと、思いますが、怪我をした影響か、痛むのを恐れていたのを感じ、消極的な動きになったのでしょう。これらをトータル的に見ると、ジーコ采配、選手達の意識のずれ、そして、ジーコを選んだ、川渕会長の独裁的な動きが原因となり、豪州戦の逆転負けに繋がったのではと考えております。
こうなったら、いっそのこと、ジーコをクロアチア戦前に、更迭し、選手達に責任感を感じさせ、熱いプレーをさせる、カンフル剤を投入するべきと考えます。(少々過激だったかな?
[ 2006/06/14 22:17 ] [ 編集 ]

行けますよ。

諦めなければきっと行けますよ!
ブラジルだって絶好調だったらちょっと難しいかもしれないけど、なんせ3戦目ですからね。
むしろチャンスありって感じですよね。この組み合わせの妙を活かす手はないですよ。
色々反省はあるかもしれないけど、短期戦は気持ちの切り替えが重要ですからね。
みんなで全力応援です。
[ 2006/06/14 23:04 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

LANCER WRCさんへ。
真剣に応援しているものであれば、がっかりしたり、憤りを感じたりするのは当然ですよね。
もちろん、ショック療法として、LANCER WRCさんのおっしゃるとおり、監督を交代する方法もあるかもしれません。しかし、あんまり日にちもないのでショックが強すぎて逆に混乱して負けたりするのも嫌ですよね。監督はすぐ見つからないだろうし。
このまま次の試合で勝つことを信じて楽しんではどうでしょうか。

ひろさんへ。
確かにこの組合せがいい方向に作用することを期待したいですね。
私も全力で応援します。
[ 2006/06/15 23:53 ] [ 編集 ]

危機管理

確かに、ショックが強すぎて、混乱して、負けることも嫌なのは、わかります。しかし、代表の練習の報道を聞いてますと、あまりにも、闘争心が無いようにも感じます。故に、ジーコ、クロアチア戦前更迭&川淵会長のクロアチア戦前退陣という、劇薬を使う事で、勝負をかけろ!!という、メッセージになると考えてます。
[ 2006/06/16 20:30 ] [ 編集 ]

確かではないですが、どうやら、練習でわざと闘争心のないふりをして、クロアチアを欺こうとしているようです。ジーコマジックでしょうか。
どちらにしろ、もはや監督交代の余地はないので、あと2戦を楽しみましょう!
[ 2006/06/17 23:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikkansoccer.blog36.fc2.com/tb.php/169-5b5ece2b


日本 1-3 オーストラリア

オワタ・・・。 落ち着いたらいろいろ書きますわ。でも少しだけ書くと、ジーコ、ダメ...
[2006/06/14 00:05] URL 「浅く広く」のハマラヲ日記

オーストラリア戦後

残り9分...まさかの3失点。全身から力が抜けてしまった。完全に集中の糸が切れてたね。GTA氏も「拝啓○○様」で帰宅中のまさかの逆転劇にショックをうけたみたいですが、「次戦に期待しましょう☆★」と切り替え早い!自分もそうありたいけど、まだ引きずってます(^_^;
[2006/06/14 00:26] URL みんなdeBLOG

ワールドカップ 日本 オーストラリア

 前半、中村がゴール前にあげたクロスボールに相手GKと高原がもつれ、そのままゴー
[2006/06/14 00:33] URL ブログやってみっかなー

日本代表はなぜ負けたのか

昨日の敗戦後は放心状態で、酒飲まなきゃ寝られなかった。試合中、こういう結果になりそうな予感はずっとしてたけど、やっぱりなぁって感じだな。何よりも悔しいのが、日本のサッカーをしないで負けたこと。攻めていないわけじゃなかったけど、あれだけすぐにボール奪われて
[2006/06/14 00:43] URL がんばれサッカー日本代表(W杯期間限定ブログ)

またワールドカップを観てみる。

熱狂はせんけども、また昨日、フランス戦ば観てみた。ジダンが辞めるとか言うもんやけん、ちょっと観たとよ。ジダンはね、結構、好きやもんね。アタマもさることながら、膝下長い人が上手にドリブル?キープ?出来るのが観とっておもしろい。”何か変”けどかっ
[2006/06/14 11:24] URL 毎日が朝三暮四

ジーコは何を考えたか

オーストラリア戦についてもう少し考えてみる。勝負に勝つための基本は何か。それは相手の弱点を徹底的に突くこと。ただ突くんではありません。徹底的について突いて突きまくるんです。まずこれが基本。そして相手の弱点を突くのには、自分の強みをフルに活用することが最も
[2006/06/14 21:52] URL がんばれサッカー日本代表(W杯期間限定ブログ)

審判員たるもの

FIFAが誤審を認めた。 日本ーオーストラリア戦で、 1-1の終盤にケーヒルが駒野を倒した場面、 あれはPKを得るはずだったと、 主審のミスを認めたのだ。 日本の先制点についても、 「反則を取らずに誤審を犯した」と オーストラリアのGKに話したとか、 「オーストラリアが
[2006/06/15 12:31] URL FIFAワールドカップ応援サイト

アルゼンチン余裕の貫録勝ち

破壊力抜群の攻撃力でアルゼンチンがセルビア・モンテネグロを粉砕した。この結果によりアルゼンチンのグループリーグ突破が決定!アルゼンチンは注目の選手メッシを怪我の影響から先発から外す布陣で試合開始。対するセルビア・モンテネグロはセルビアの独立が決定し最初で
[2006/06/17 00:46] URL サッカー.comブログ












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。