スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

復活した無敵艦隊:スペインvsウクライナ 

6月14日、グループH
スペイン対ウクライナ

結果
4-0

シェフチェンコが念願のW杯初出場というだけあって、注目の一戦となったわけですが、そのシェフチェンコは全く仕事をさせてもらえず、結果的にはスペインが圧倒的な強さを見せつけるという展開になりました。

よく考えてみれば、スペイン側からすると、ウクライナで怖いのはシェフチェンコだけ。
しかも、スペインのCBは世界トップレベルであり、二人ほどマークにつき、パスの出所を押さえれば全く脅威はないのです。

スペインの中盤の底はシャビとシャビアロンソ。
ここだけ見ても、クロアチアには勝ち目はかなり少なかったといえます。

スペインの方はラウルの調子がもう少し上がると決勝トーナメントに向けて万全と言えるでしょう。

それにしても、4点目はスペクタクルなサッカーを見せてくれました。
プジョルがドリブルで一人かわし、パス交換でワンツー気味で飛び出し最後にヘッドでFトーレスにパス。これを豪快にFトーレスが決め、快勝。
プジョルがあそこまで上がる時点でスペインの楽勝だったことがうかがえます。

この組唯一とも言えるライバルを倒し、油断なく今後の試合をこなしていけば、調子を上げて、決勝トーナメントで復活した無敵艦隊の強さを見ることができそうですね。

W杯対戦結果・分析はこちらから(ランキング)
スポンサーサイト


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/06/18 21:22 ] W杯ドイツ大会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikkansoccer.blog36.fc2.com/tb.php/173-9651be06














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。