スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

調子は上がらないが:イングランドvsトリニダードトバゴ 

6月15日、グループB
イングランド対トリニダードトバゴ

結果2-0

史上最強と謳われ、優勝候補の一角にも上げられているイングランド。
にしては、少し物足りないゲーム展開をしています。

メンバー的に見ても、トリニダードに比べてイングランドの方が各は断然上。
しかし、フットボールはチームでやるスポーツであり、チームとしての熟成度が勝敗の行方を大きく左右します。

ことイングランドについて見るに、どうも中盤と前線の連携があまり見られない。
結局ロングボールからの得点とミドルの得点で、見ていて面白いゲームをまだしてくれないだけあって、ちょいと不満を感じています。

まぁこれは昔から続く伝統的スタイルというのもあるのかもしれませんが、そうだとすれば、イングランドのサッカーはどうにも好きになれないかもしれないです。

ただ、ランパードの動きの量と質には脱帽ですね。
縦のロングボールが出れば必ず走ってフォローに入る。
もしくは追い越してシュートに持ち込む。
この辺がもっとかみ合ってくると見ていて「おぉ」っと思えるようなサッカーになるかもしれないです。

決勝トーナメント進出を決めたので、それまでにあと一試合でチームとして完成して欲しいですね。

ルーニーのコンディションも万全に近づけて欲しいところです。

W杯対戦情報・分析はこちらから(ランキング)
スポンサーサイト


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/06/18 21:37 ] W杯ドイツ大会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikkansoccer.blog36.fc2.com/tb.php/174-746549b3














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。