スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

軽くなる処分:ユベントス問題 

イタリアサッカー不正疑惑問題の第2審判決がでました。
なんと降格はユベントスのみ。勝ち点はマイナス17。

大まかに言うと、フィオとラツィオの降格はなし。ミランはCLに出場可、というものです。

う~ん、だいぶ軽くなりましたねぇ。
しかも、まだ上訴するようです。
あちらの裁判の仕組みはよくわかりませんが、ユベントス側のみの上訴であれば、さらに軽くなる可能性がありますよね。

いったいどうなることやら。
強く、伝統のある、いいチームが見れなくなることは残念です。
しかし、処分が軽くなることには反対です。

まず、審判操作だとか、八百長だとかというものは本気で試合を見ていたり、応援しているものを侮辱するものであり、スポーツとしての根底を覆す行為であることから決して許されない行為であるということがいえます。

また、今回は前代未聞の事件であり、これが今後の先例になります。
ということは、同じような事が起きれば、今回のようになるということです。

もう少し具体的にいうと、審判の買収だとかをしても、バレなければいい、また、万が一バレても、処分は勝ち点が少しくらい減るだけだから、やらないよりもやったほうが得という価値判断すらなされる可能性もありうるということです。

そんなことではファンはどんどんいなくなってしまいます。
観客がだんだん減ってきているイタリアだからこそ、厳重に処罰をして、悪しき体質をしっかりと変えるべきなのではないでしょうか。


少し話は変わり、ユベントスからレアルに放出された選手ばかりが注目されているような気がしますが、バルサも結構いい補強をしていますよね。
1ポジションに2選手、しかもレベルの高い選手をそろえ、万全のような気もします。

移籍市場があと1ヶ月空いているので、レアルもまだまだ補強すると思いますが、今シーズンもバルサから目が話せませんね。離せませんね。
スポンサーサイト


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/07/27 00:16 ] セリエA | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikkansoccer.blog36.fc2.com/tb.php/197-75e69785


セリエA不正疑惑、4クラブの処分が軽減

イタリア、セリエAの不正疑惑問題で審議していた4チームですが、処分が軽減される事がわかった。■ユベントス セリエB降格はかわらず。勝ち点ー30から勝ち点ー17に軽減しかし、セリエA優勝は剥奪されるのは変わらない。■ミラン 勝ち点ー15から勝ち点ー8に....
[2006/07/27 05:34] URL 格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。