スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

実力の違い:バルセロナvsクラブアメリカ 

クラブワールドカップ2006にバルセロナが登場しました。

準決勝のバルセロナvsクラブアメリカ

メンバーを落としてくるのかと思いきや、リヨン戦と全く同じメンバー。
時差ぼけを直すには試合をするのが一番なのでしょう。

試合に関しては、開始五分に危ないシーンがありましたが、あとは完全にバルサペース。

中盤ではワンタッチかツータッチで簡単にパスをつなぎ、相手に的を絞らせず、奪い所をあたえず、後半には相手の動きを完全に止めることに成功しました。

なめてかかれば波乱もあるかなと思いきや、そんな心配は全くなく、流す場面は多かったものの、勝負所では各自がしっかり仕事をしていましたね。

内容が4-0というスコアに反映されています。
モッタの激しいプレーが見られなかったという点で、完全に実力が違ったということがわかるでしょう。

イニエスタも怪我の影響が全く内容で、これで安心して決勝を見れそうです。

バルサのサッカーに心酔した人はランキングへ!

何よりも選手間のバランス、ボールのないところの動き、開始直後はパスミスが目立ったものの、途中からはミスがほとんどなくなり、正確なプレーが出来ていた、という点で満足の出来だったのではないでしょうか。

リーグとCLできつい中でのいい調整試合という印象もありますが、見ていてスペクタクルで、かつ強いという面白い試合でしたね。
スポンサーサイト


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ 2006/12/15 01:42 ] リーガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikkansoccer.blog36.fc2.com/tb.php/283-8d89e229














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。