スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オーストラリア代表研究 

W杯で日本と対戦する国を見て行きましょう。

まずは、日本の初戦、6月12日(月)にカイザースラウテルンで対戦する、オーストラリアについて。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

オーストラリア
8大会ぶり2回目。
W杯通算成績 0勝1分2敗

FIFAランキング 48位(2005年12月19日現在)

ユニフォームの色 1st:黄 2st:緑






オセアニア2次予選:4勝1分0敗 21得点3失点
オセアニア代表決定戦:2勝 9得点1失点(対ソロモン諸島)
大陸間プレーオフ:1勝1敗(対ウルグアイ)

監督:フース・ヒディング 1946年11月8日生 オランダ国籍
   初采配は2005年9月3日のソロモン諸島戦(7-0)(就任は7月)
   現在はPSV監督と兼任中。
主なタイトル:PSVでチャンピオンズカップ優勝(88年)
       W杯、オランダ代表でベスト4(98年)
       W杯、韓国代表でベスト4(2002年) 
 



3-4-2-1システム
             ●
           ヴィドゥカ
      ●          ●
    キューウェル    ブレッシャーノ
   ●                 ●
チッパーフィールド          エマートン
        ●       ●
       グレッラ    クリナ
     ●      ●      ●
   ポポビッチ   ニール   ヴィドマー
            ●
         シュウォーツァー



前の三人は       ●
        ヴィドゥカ(アロイ―ジ)
     ●            ●
   トンプソン      キューウェル(ケイヒル)
にもなる。
カウンターとサイド攻撃を主とする。
以上は予選のフォーメーション(特にヒディングになってから)を参考にした。


中心選手

マーク・ヴィドゥカ  1975年10月9日生 ミドルスブラ(ENG)
           188cm 91kg FW
チームキャプテンを務める大黒柱のストライカー。デカイけど足元も上手くポストプレイをそつなくこなす。中沢に期待。

ハリー・キューウェル 1978年9月22日生 リヴァプール(ENG)
           182cm 74kg MF
オーストラリアの人気選手。ドリブラー。チャンスメイクだけでなく自分で点を取りにいける選手。本来の調子を取り戻すとかなり脅威。日本の右サイドが機能不全に陥る可能性大。

マーク・シュウォーツァー 1972年10月6日生 ミドルスブラ(ENG)
             196cm 85kg GK
プレミアで大活躍中のGK。安定感抜群。

マルコ・ブレッシャーノ 1980年2月11日生 パルマ(ITA)
            182cm 73kg MF
飛び出しから点を取るセカンドトップ的選手。決定力が高い。

ブレット・エマートン 1979年2月22日生 ブラックバーン(ENG)
           185cm 85kg MF
右サイドプレイヤー。クロスが正確でドリブルも上手いので要注意。サントスのディフェンスだときついかな。

ヴィンチェンツオ・グレッラ 1979年10月5日生 パルマ(ITA)
              182cm 79kg MF
この選手はあんまりよく知らないけど、代表では司令塔の役割をこなす。その意味で中盤を制するにはこの選手をつぶすべき。福西に期待。

平均身長はおそらく180~185cmくらいでデカゴツチーム。170cm代は1人か2人。スタメンのうち5人がプレミア、2人がセリエA、その他にはオランダ、スイスリーグなどの選手がいる。オーストラリアリーグでプレイする選手はごくわずか。
それなりにタレントはそろっているので、就任したばかりのヒディンクの戦術が浸透し、組織力が高まると本大会でブレイクする可能性もある。

<追加>PSVがトンプソン(メルボルン)を期限付き移籍で1月13日に獲得。代表強化をクラブチームで行う様子。これぞヒディングの裏技か。

ヴィドゥカに当ててMFが飛び出したり、サイドから崩したりクロスを上げる攻撃が多いと思われる。

FIFAランクは49位と日本よりも低いが決して侮れないチーム。
チームとしての経験値は日本のほうが上だと思われるため、初戦という意味でも試合を有利に運んでいくことが望まれる。

NHKが放送することになっている。


スタジアム:フリッツ・ヴァルター・シュタディオン
      41、170人収容

屋根の部品が落ちたり、屋根が落下する危険があると判明したりと結構危険なスタジアム。大会までにはちゃんと修理するそうですが(そりゃ当然だ)。


テストマッチ:6月4日 対オランダ


怪我・移籍情報があれば加除訂正しますね。
最新情報があったら教えてください。
スポンサーサイト
[ 2005/12/20 00:34 ] W杯ドイツ大会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikkansoccer.blog36.fc2.com/tb.php/40-117f513d














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。