スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天皇杯準決勝 

久しぶりの天皇杯についての記事です。
大掃除やらなんやらしてたら更新が遅くなってしまいました。
試合も作業をしながらということで、じっくりとは見ていません。

しかし、エスパルスが勝った以上、更新しないわけにはいきません。
ということで感想を少し。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50
まずは、エスパルスの決勝進出はとてもうれしいです。
今年はあまり期待していなかっただけに少しびっくりした感があります。
とにかく今年は怪我人が多かったのに対して、そこを埋めた若手が予想以上に活躍しました。

結果的に狙っていなかったであろう世代交代が成功しつつありますね。

試合内容について。
展開力やボールポゼッション、つなぎなどはエスパルスの方が上でした。
しかし、シュートはセレッソの方が多かったですね。決定的な場面はほとんどありませんでしたが。
エスパルスはカウンター対策がしっかりできていたのではないでしょうか。

全体的には、システムどうこうよりも、コンディションの差がだいぶ出たような気がします。
特に、古橋、ファビーニョ、ゼ・カルロスのコンディションが悪かったです。
下村や久藤はよかったですね。
それに対して、エスパルスは全体的に上々でした。
やはり、リーグ戦を最後まで優勝争いをした分、差が出たのかもしれませんね。

その結果、セレッソがよく使う左サイドではゼカルロスが森岡に止められるシーンが目立ちました。
中盤では伊東のポジショニングや読みが絶妙で地味みいい働きをしていたと思います。枝村がガツガツ行く分、バランスが取れていましたね。
下村もいい動きでしたが、ファビーニョがあの調子なので、仕方ありませんね。

青山と高木が意外に安定感があってびっくりしました。

で、問題なのは前線の選手。
決定力が無さ過ぎです。
チェとかチョとかはずしすぎです。
確かに、チェは運動量が多くて(チェだけに限らず、若い選手たちの運動量の多さが目立ちました)上下のアップダウンの働きには頭が下がりますが、フィニッシュはどうにかしてもらいたいものです。
ここを改善すれば、来期はこのチームに期待できるかもしれません。

エスパルスは若い選手が多いだけあって運動量が豊富でした。
やはり若いっていいですね。(笑)
走れるチームはいいサッカーができると思います。
もちろんこれは、最近の個人技術が高まり、戦術のつぶしあいがなされたということを前提にして、「走れる」ということがいいサッカーにつながるということです。

バルセロナなんてよく走りますものね。

まぁ言いたい事がよく分からなくなってきてしまいましたが、もう1試合で活躍した長谷部選手も個人技があって走れるということで重宝する選手になるであろうということです。

とにかく決勝が楽しみです。

毎年元旦は忙しいのでリアルタイムでは見れませんが、録画か再放送かを見たいた思ってます。

これで、年内は最後の更新になると思います。
皆さんよいお年を!

スポンサーサイト
[ 2005/12/31 00:47 ] 天皇杯 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikkansoccer.blog36.fc2.com/tb.php/47-5c9eb804














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。