スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エスパルス新体制 

え~ついにホリエモンことライブドア代表取締役堀江貴史氏が逮捕されましたねぇ。以外に早かったです。さすがにエメルソンの逮捕とはニュースの取り上げ方が違います。

と、なんとかサッカーつながりに戻したというところで、今日はエスパルスの話題について。

先日、清水エスパルスが新体制を発表しました。

若手台頭による天皇杯の躍進もあり、それほど大きな補強はありませんでした。優勝したのに大型補強をした浦和とは対照的ですよね。

長谷川健太監督は5位以内を狙って優勝争いに食い込むことを目標としていますが、そんな曖昧なことを言わずに「優勝します」といって欲しいものです。

ということで、今年の選手を少し見ておきます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50


選手にはそれぞれキャッチフレーズというものがあるんですよね。
それとともに新戦力を中心に見ていきます。

まず、GKでは黒河選手を放出した代わりに(東京Vに期限付き移籍)、神戸から掛川選手、新人の武田選手が入りました。
将来的には黒河が清水のゴールマウスを守ると思っているので、もう少し経験を積んできてもらいたいと思います。

おそらく、掛川は西部のバックアッパーになるでしょう。
掛川のキャッチフレーズは「守り抜く覚悟。ビッグセービング」です。
私にはビッグセービングの意味がちょっとわかりません。デパートとかではビッグセールと文字をよく目にしますが、普通のセービングよりすごいという意味でしょうか。

DF陣では大きな変化はありません。昨年デビューして、レギュラーに定着した青山直晃選手には期待です。
彼のキャッチフレーズは「強き魂、ハードコンタクト」です。
一瞬、「サッカーならソフトの方がいいんじゃない?」と思ってしまいましたが、コンタクトレンズの話ではないんですね。「当たり」のことです。勘違いしてゴメンナサイ。

次にMF。藤本淳吾選手が新人加入し、背番号「10」をつけることになりました。J当初は、背番号固定ではなかったけど、ほとんど澤登がつけてきたこの番号の承継者ということで、話題にはなるとは思いますが、焦らず着実に成長して、エスパの顔となるいい選手になって欲しいと思います。
キャッチフレーズは「日本の未来を創るスーパーレフティ」です。

レフティといえば、兵働選手も注目です。
キャッチフレーズが「レフティの頂点へ走れ! ファンタジスタ」というように、わたくしの好きなファンタジスタ的なプレイスタイルです。もっと点を取れる選手になれば、代表にもなれると思うんですが。
期待しています。

「異次元の才能 清水の誇り」の山本真希選手は怪我をしてしまいましたが、高校生デビューした将来ある選手です。早く復帰してもらいたいです。

チェテウクはKリーグに移籍しました。突破力は抜群でしたが、決定力に少し問題がありましたね。鶴見もいい選手だと思いますが、期限付き移籍でヴァンフォーレに復帰する形となりました。
中盤のポジション争いが激化するでしょうが、選手の成長にはプラスになると思います。

FWは若手もいますが、チェジョジン、マルキーニョス、久保山が有力でしょう。北嶋がレイソルに戻りましたし。

背番号12がサポーター、0がパルちゃんです。

そして、監督は長谷川健太。彼にもキャッチフレーズがあります。
「疾風怒涛 男」です。
去年は、降格争いで冷や冷やしましたが、今年はなんとなく期待できそうです。天皇杯で満足していなければの話ですが…。
目標達成できることを期待しています。

他の選手のキャッチフレーズなどはこちらをどうぞ。

ヒストリー・オブ・エスパルス 1992-2002

前々回の記事で「ジダン引退」とありましたが、本人が否定しましたね。
嬉しい限りです。

スポンサーサイト
[ 2006/01/23 23:22 ] J1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikkansoccer.blog36.fc2.com/tb.php/55-9a191ca5














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。