スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

おら流サッカー 

って何か知ってます??

ドラゴンボールの悟空のやるサッカーじゃないっすよ。

吉幾三でもないですよ。

実は、グランパスのサッカーを今年からこう呼ぶみたいです。


この記事の内容に興味が沸いた方
人気ブログrankingに一票←クリックをお願いします!!

本日の人気ブログベスト50

名古屋の地方ニュースでやってたんですけど、中日はオレ流なので、グランパスはおら流というふうに広めたいみたいです。

ということで、今日はグランパスのおら流サッカーについて書いてみたいと思います。

「おら」はオランダの「おら」。
今季から就任したセフ・フェルフォーセン氏(58)がオランダ人であり、オランダ流サッカーをグランパスに浸透さていくことからこう呼ぶらしいです。

オランダ流サッカー、今のオランダ代表はファンバステン、セクシーフットボールを掲げ、チェルシーの選手兼監督として指揮をとったフリット、今のバルセロナの監督であるライカールト、さらにさかのぼると、彼らに影響をあたえたクライフ監督のチームなどに代表されるオランダ人監督のチームは攻撃的で「魅せる」サッカーをしてきています。
今年のグランパスはこのようなチームを目指すそうです。

ただ、グランパスのフロントの体質が果たしてそれに貢献するのかがまだまだ疑問ですよね。
去年のウェズレイ、マルケス、ネルシーニョの解雇もそうですが、それまでにも数々の外国人監督がシーズン途中に解任されてきました。

カルロス・ケイロス(96シーズン途中就任→97シーズン終了後に解任)
ダニエル・サンチェス(98シーズンコーチとして入団→99シーズン途中監督に昇格→わずか3か月で解任)
ジョアン・カルロス(99シーズン途中就任→01シーズン途中解任)
ズデンコ・ベルデニック(01シーズン終了後市原=現千葉から獲得→03シーズン途中解任)
ネルシーニョ(03シーズン途中就任→05シーズン途中解任)

どの監督も優秀と評される監督ばかりで、果たして、選手や監督に責任があるのかどうかも疑わしくなってきます。
未だにリーグ優勝の経験もありません。
フェルフォーセン監督が解任されずにこのようなサッカーを展開していくことができるかどうかが今年のグランパスの見所になりそうです。

さて、フェルフォーセン監督の練習は相当厳しいそうです。
そのせいあってか、早くも怪我人続出です。

楢崎 正剛 左ひざ後十字靱帯損傷
内藤 友康 左足首痛

秋田  豊 右足距骨軟骨損傷
スピラール 左太もも痛
増川 隆洋 両足首炎症

中村 直志 左足首ねんざ
吉村 圭司 右太もも裏痛
中島 俊一 右太もも裏張り
本田 圭佑 両太もも張り
渡辺 圭二 右太もも裏肉離れ
高橋 良太 左足首ねんざ

鴨川  奨 コンディション不良

とすでに12人が故障者リスト入り。(FC東京に比べると少ないが)
11日の京都とのトレーニングマッチは0-1で京都に敗れ内容もさんざんだった模様です。

試合によって出来の良し悪しが極端に異なった去年と同様、今年も勝敗予想をしていく上で、グランパスの勝敗予想は難しくなっていきそうな予感がします。

スポンサーサイト
[ 2006/02/13 23:39 ] J1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikkansoccer.blog36.fc2.com/tb.php/68-69ad373f














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。